8月29日(木)にNPO法人ライフリンクを訪問し、お話を伺って来ました。「ゲートキーパー研修」など自殺対策を積極的に進めている足立区は、ライフリンクと2009年に協定を結び区内の自殺予防に向けた総合対策を推進しています。
私も7月に区のゲートキーパー研修に参加しましたが、ご主人をうつ病による自殺で亡くされたご婦人の体験談に自殺対策の重要性を痛感しました。
足立区では支援が必要な方に対し、いわゆるたらいまわしを防ぎ、責任を持って必要な窓口につなぐいのちを「つなぐシート」を活用、「ゲートキーパー研修」を行い、職員を門番と位置づけ窓口に見えた方の自殺の兆候を見つけ、問題解決につなげる取り組みなど様々な自殺対策に取り組んでいます。
ライフリンクでは支援が必要な方に寄り添い、一緒に問題解決に取り組むパーソナルサポート事業やハローワークに出張して行う総合相談会の実施など様々な取り組みを行っています。

昨年、東京都全体では6%増であった自殺者が足立区では20%減であったとのことで、足立区が真剣に取り組んできたことの成果が少しずつ表れていると感じています。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
足立区 佐々木雅彦
sasa17562008@yahoo.co.jp