8月30日(木)東洋大学 根本祐二教授による「公共施設老朽化とシテイ・マネジメント」と題する講演会に参加してきました。日本の公共施設・インフラは今後急速に老朽化するとの問題意識のもとに、これに対してどのようなマネジメントを行っていくのかとの内容です。
 公明党でも「防災・減殺ニューデイール」を提唱し、総点検を実施、
緊急度を検証し、壊れる前に計画的に修繕していくという予防保全の考え方を提唱しています。
 今後、区民にわかりやすい形で説明しながら、足立区でも限られた予算の中で、橋や公共施設の計画的な修繕、建て替えを実施してゆくようしっかりとチェックしていくことが大切であると感じました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
足立区 佐々木雅彦
sasa17562008@yahoo.co.jp