6月26日に公明党区議団は足立消防署を訪問し、配備されている消防バイクを見学しました。公明党は木造密集地域の初期消火対策として導入を本会議でも訴えてきたものです。消防バイクにもいち早く現場に駆けつけ、後続隊への連絡を目的とするものや、タンクを積んで初期消火が可能なバイクもあります。足立消防署にあるバイクもそれぞれ1台ずつ計2台配置されています。消防バイクも最近は消火能力を高めたタイプもあって、今後は各消防署に配備していければと考えています。
また、スタンドパイプを使った消火作業も見せていただきました。上水道には工事用に水抜き栓が各所に設置されており、これにスタンドパイプを接続すれば、消火作業を行えます。地震で断水してしまえば、使えないのですが、これも木造密集地域の初期消火に役立つものと考えています。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
足立区 佐々木雅彦
sasa17562008@yahoo.co.jp