9月18日(日)午前9時30分より、足立消防署神明出張所から署員の方においでいただき、消防訓練が行われ、参加してきました。
これは、防災倉庫が設置され、C級消防ポンプとチェーンソーなどの救出救助用資機材が備えられたことを受けてさっそく実施されました。
消防ポンプは4階の建物でも悠々水が届く大変能力の高いものです。皆さん、暑い中を真剣に使い方を学んでおられました。
いざという時に初動の救助や初期消火は住民みずからが行わなくてはなりません。首都直下型地震の被害想定(冬の午後6時に発生)では足立区内でおよそ80か所から同時に火災が発生するとの想定になっており、今後、地域の防災力を高めてゆく努力が必要と考えています。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
足立区 佐々木雅彦
sasa17562008@yahoo.co.jp