バックナンバー 2008年 11月

 11月21日(金)10時より足立区役所庁舎ホールにおいて「区職員の永年勤続感謝状贈呈式」に参加しました。今年は約100名程が対象者でした。聞く話しによると、勤続25年の方が対象になっているとのことで、災害対策課長をはじめとして「大変にご苦労様です。これからも宜しくお願いします」と思いました。

 11月17日(月)10時10分より観光振興調査特別委員会で「江北駅駅構内、西新井大師西駅及び駅周辺の現地調査」に行きました。

 11月17日(月)13時より砂防会館において「先進事例に見る”財政再建の処方箋vo.1”〜業務委託による増収・経費削減と財政健全化法の課題〜」のセミナーに参加しました。聴衆者は約600人で盛大に行われました。内容は(1)自治体の財政再建を加速させるためにーアウトソーシングの基本的な考え方ー、(2)行財政改革と市民サービスの向上をめざして、(3)進む滞納整理・実績と多角的な取り組み、(3)自治体のコールセンター活用事例と今後の可能性、(4)健全化判断基準等の算定状況と今後の課題、(5)土地開発公社等の長期保有土地の解消に向けた全市的な取組と解決、(6)夕張市の公的資産評価を終えてーその分析と望ましい処理方法ーでした。

 11月15日(土)19時からのカラオケ大会に参加しました。皆様の歌の上手なこと々。大変に気持ちの良い時間を過ごさせていただきました。

 11月14日(金)21時よりガーディアンの見回りに参加しました。終了後、ガーディアンに成り立ちについて勉強しました。

 11月13日(木)11時10分より木村流大正琴東京北支部おさらい会において区長に出席してもらうために区長室に伺った。区長は公務の忙しい中、時間をこじ開けていただき会っていただいた姿勢に参加した方々も大変に喜んでくれました。

 11月11日(火)〜12日(水)にかけて行政視察に行きました。豊橋市では「市民協働推進条例」について」、名古屋市では「橋梁に係るアセットマネジメントについて」でした。活発な質疑応答があり充実した行政施設でした。終了後、浜松市では「多文化共生社会づくりをめぐる動き」についても視察してきました。特に、浜松市での視察では外国人、特にブラジル人など多数、同市に住むようになって、トラブル(ex.ゴミ出し、騒音など)続出の中、何とか「共生」を目指して動いている行政に頭が下がる思いでした。今回はハードな強行スケジュールでしたが、無事に帰ってこれました。

 11月10日(月)西宮市長選に恩師(慶應の跡田先生)を応援するために西宮市に行った。選挙事務所での応援、街頭での応援などを1日かけて行きました。結構疲れました。

 跡田先生は「変革か継承かーあなたならどちらを選びますか?−チェンジ!チェンジ!チェンジ!−このまちを世界一のまちにするためにやって来ました。」を合言葉に活動されております。マニフェストには「ほんものの使命感を持って西宮を変革チェンジします」と打たれ、具体的な内容は(1)年末緊急景気対策(市内の中小零細事業者に対し、年末の事業資金調達を支援します。国の融資制度とは別に、市独自で1000万円を上限とした無担保無保証での低利融資のあっせんを行います。申請手続きについては、市役所に窓口を設置し、国の支援制度と一本化してスピーディに対応いたします。)、(2)市内事業者最優先の公共事業(建設、工事、物品等)の実施(西宮市の実施する公共事業では、市内の事業者を優先するための仕組みとルールを早急に作成し、実施します。さらに、これまでの中央での行政経験を活かし、国への施策提案を行い、更なる外部からの予算を獲得いたします)、(3)街灯設置の推進による安全安心で明るい街づくり(市民の安全を守るため、全ての市道に街灯を早急に整備いたします。)、(4)高齢者の社会参加の推進(土・日・祝日のコミュニティーバス(市内全域)の無料運行を実施し、65歳以上の市民の方の市内バス運賃を無料にし、積極的な社会参加(健康づくり)を支援するとともに、1ケ月に一度市内での映画鑑賞を無料にし、心の癒し場所を提供します。)、(5)保護手当の全面見直しとなっております(母子手当や生活保護手当のより手厚い施策づくりに着手します。)。

 11月9日(日)14時、あいにくの小雨が降る中、日吉校舎で行われた慶應大学創立150周年祭を見学しました。

 11月9日(日)11時より双葉小学校の校庭内で収穫祭が行われました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
足立区 飯倉昭二
kuraa@sa.dcns.ne.jp