iwoman アイウーマン 公明党女性委員会 | NEW KOMEITO

女性委員会の動き

HPVワクチン、県知事に緊急要望/党秋田県本部女性局

2024年6月6日

佐竹知事(中央左)に要望書を手渡す県女性局のメンバーら

公明党秋田県本部女性局(局長=渡辺優子・能代市議)はこのほど、県庁内で佐竹敬久知事と会い、子宮頸がんなどの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染予防ワクチンのキャッチアップ接種などに関する緊急要望書を提出した。松田豊臣県代表(県議)が同席した。

渡辺県女性局長らは、HPVワクチン接種の積極的勧奨がなされていなかった世代(1997年度~2007年度生まれ)に対するキャッチアップ接種が来年3月末に終了することに言及し、「今年9月までの初回接種をしなければ、3回接種は完了しない」と強調。対象者への個別通知や啓発ポスターなどを通して、接種期限の周知を市町村に働き掛けるよう強く訴えた。

佐竹知事は「実施する方向で検討する」と前向きな姿勢を示した。

一覧へ戻る

Copyright © 公明党女性委員会. All Right Reserved.