iwoman アイウーマン 公明党女性委員会 | NEW KOMEITO

女性委員会の動き

児童虐待の対策急ぐ/オレンジリボン街頭を開催/党大分県女性・青年局

2016年11月17日

児童虐待防止対策の推進を訴える党大分県本部女性局と同青年局のメンバー

公明党大分県本部の女性局(吉岡美智子局長=県議)と青年局(戸高賢史局長=同)は17日、大分市内で、11月の児童虐待防止推進月間をアピールする「オレンジリボン街頭演説会」を開催した。

これには、女性局から吉岡局長、渕野けさ子・由布市議、川邉浩子・大分市議、小住利子・中津市議、安達かずみ・豊後高田市議、池田淳子・日出町議が参加。青年局からは戸高局長と、国宗浩、橋本敬広の両大分市議が参加し、公明党の取り組みを訴えた。

吉岡県女性局長は「児童虐待防止のため、関係機関における心理療法士の配置など、妊娠期からのサポートの充実を県に要望していく」と訴えた。

戸高県青年局長は、全国の児童相談所が対応した虐待の相談件数が、2015年度に10万件を超えたことに言及。その上で、「公明党は、児童相談所の全国共通ダイヤル『189』の普及や改善に全力で取り組んできた」と強調した。

一覧へ戻る

Copyright © 公明党女性委員会. All Right Reserved.