iwoman アイウーマン 公明党女性委員会 | NEW KOMEITO

女性委員会の動き

女性が活躍する社会に/党愛知・女性局が街頭演説 伊藤、里見氏が訴え

2015年12月26日

女性議員と共に女性が活躍できる社会をめざすと訴える里見(中央)、伊藤(右隣)の両氏=26日 名古屋市

公明党愛知県本部女性局(長谷川由美子局長=名古屋市議)は26日、名古屋市で街頭演説会を行った。これには伊藤渉県代表(衆院議員)、次期参院選愛知選挙区に挑む里見りゅうじ党労働局次長と女性市議の代表メンバーが参加し、公明党の実績や政策をアピールした。

伊藤氏は公明党が女性を守る政策を一貫して推進してきたと強調。その上で2016年度政府予算案に、ひとり親世帯などを支援する児童扶養手当の充実や保育料軽減の拡充など、公明党の主張が反映されたことを紹介し、「一人一人が活躍できるよう政治を実行していく」と訴えた。

里見氏は旧労働省に勤務していた当時、「育児休業給付」の立案に尽力したことを語り、「働きながら子育てする女性が活躍できる社会をつくっていく」と決意を述べた。

長谷川県女性局長は、同県本部の女性議員が各議会において子育て支援の拡充などで成果を挙げていると述べ、「今後も皆さんの声をカタチにしていく」と力説した。

一覧へ戻る

Copyright © 公明党女性委員会. All Right Reserved.