iwoman アイウーマン 公明党女性委員会 | NEW KOMEITO

女性委員会の動き

児童虐待防ぎ命守る/樋口、中川氏らが訴え 奈良、三重でオレンジリボン街頭

2015年11月14日

虐待から子どもを守ると力説する樋口氏(右から4人目)ら=14日 奈良・橿原市

公明党の樋口尚也青年局長(衆院議員)は14日、奈良県橿原市内で党奈良県本部女性局と青年局が合同で開催した「オレンジリボン街頭演説会」に出席し、児童虐待の防止を訴えるとともに、公明党の取り組みを力説した。

樋口氏は公明党の提案により、24時間体制で近くの児童相談所につながる全国共通ダイヤル「189」が導入され、運用されていると報告。「児童虐待の相談件数が年々増加している中で、早期発見につなげていくものだ」と強調した。

また樋口氏は、虐待を未然に防ぐため、妊娠から育児まで切れ目なくサポートする子育て世代包括支援センターを全国に展開していきたいと述べ「命を守る政治を前に進める」と語った。

一方、党三重県本部(中川康洋代表=衆院議員)は14日、津市で女性局と青年局合同の「オレンジリボン街頭演説会」を開催し、児童虐待防止に向けた公明党の取り組みなどを訴えた。

子どもの命と安全を守る体制の強化などを訴える中川氏(中央)ら=14日 津市

吉住美智子女性局長(名張市議)は妊娠、出産、子育ての切れ目ない支援を行う日本版ネウボラ事業を市町に広げることを約束。

中川代表は、公明党の推進で児童相談所の人員増や専門職の配置が進められたことを報告し、専門機関と地域、学校などの連携により「社会全体で子どもの命と安全を守る体制の強化に力を注ぐ」と力説した。


一覧へ戻る

Copyright © 公明党女性委員会. All Right Reserved.