iwoman アイウーマン 公明党女性委員会 | NEW KOMEITO

女性委員会の動き

女性の健康守り抜く/古屋委員長ら がん検診、受診率向上訴え/神奈川・厚木市

2014年3月2日

がん対策の充実を訴える古屋(中央)、佐々木さん(左隣)ら=2日 神奈川・厚木市

公明党女性委員会の古屋範子委員長(衆院議員)と佐々木さやか副委員長(参院議員)は2日、神奈川県厚木市で党神奈川県本部女性局(鈴木真智子局長=横須賀市議)が開催した「女性の健康週間」(3月1~8日)記念の街頭演説会に出席し、あいさつした。
この中で古屋さんは、女性特有のがんの早期発見に向けて検診受診率を50%に上げるため、公明党が実現した無料クーポンを受け取っても検診に行けなかった人に対し、「全国の公明党の議員が力を合わせて個別に受診勧奨する体制づくりに取り組んでいる」と強調。

その上で、「公明党は地域と日本を女性力で元気にするために全力を挙げていく」と述べた。
佐々木さんは、「女性の健康を守り、誰もが自分らしく生き生きと輝くことのできる社会をつくっていく」と訴えた。

一覧へ戻る

Copyright © 公明党女性委員会. All Right Reserved.