山口県岩国(いわくに)市議選(定数28)

2022年10月16日(日)告示
2022年10月23日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
中村 ゆたか (なかむら ゆたか) 当選 3 4 1,868 公式ホームページ
野本 まゆみ (のもと まゆみ) 当選 1 8 1,724 -
奥江 とくなり (おくえ とくなり) 当選 1 10 1,703 -
くわた 勝弘 (くわた かつひろ) 当選 4 14 1,581 公式ホームページ

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明4、共産3、無所属21(前回=定数30=公明4、共産3、無所属23)。当日有権者数は10万8806人。投票率は45.75%。

プロフィール

中村 ゆたか
(なかむら ゆたか/63歳)

中村 ゆたか

優しさと粘り強さに“福祉の心”があふれる人柄。介護職の経験を生かし、「認知症カフェ」の設置や「おくやみハンドブック」の発行、ヤングケアラーの早期発見に向けた教職員研修の充実などを推進。高齢者福祉の充実、子育てしやすい環境整備、防災・減災に全力を傾ける。 【略歴】党県議会局次長。市議2期。広島県立宮島工業高校卒。63歳。

野本 まゆみ
(のもと まゆみ/53歳)

野本 まゆみ

小学校教員として25年間、子どもたちと同じ目線に立つ姿勢を貫いてきた。子育てに困難を抱える家庭に接する中で、地域で子育てを支えることの重要性を痛感。子どもが安心して学べる環境の整備、女性の健康と仕事をサポートする体制の充実、高齢者、障がい者福祉の推進などに取り組み、「笑顔あふれる岩国」をめざす。 【略歴】党副支部長。創価大学卒。53歳。

奥江 とくなり
(おくえ とくなり/62歳)

奥江 とくなり

幼少期から人一倍苦労を重ねてきた。高校卒業後、地元の自動車整備工場に就職し43年間勤め上げる。工場長を10年間務め、誠実、丁寧な仕事ぶりに周囲は厚い信頼を寄せる。地元消防団で30年間活動した経験を生かし、自主防災組織の充実など災害に強いまちづくりに取り組むとともに、移住促進など山間地域の活性化に挑む。 【略歴】党副支部長。県立坂上高校卒。62歳。

くわた 勝弘
(くわた かつひろ/59歳)

くわた 勝弘

「庶民のど真ん中へ」が信条。交通系ICカードの使用エリア拡大を推進。不登校の子どもを支援する「教育支援教室」を新たに由宇総合支所内に設置した。このほか、JR南岩国駅入口前のバリアフリー化を促進した。福祉環境の整備や防災対策で、安全・安心なまちづくりに注力。 【略歴】党県市民運動局次長。市議3期。広島大学(夜間)中退。59歳。