愛知県清須(きよす)市議選(定数21)

2022年4月10日(日)告示
2022年4月17日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
土本 ちあき (つちもと ちあき) 当選 1 3 1,243 -
林 しん子 (はやし しんこ) 当選 6 9 1,061 公式ホームページ
とびなが 勝次 (とびなが かつじ) 当選 3 15 906 公式ホームページ

定数21に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産1、無所属17(前回=定数22=公明3、立憲1、共産1、無所属17)。当日有権者数は5万4800人。投票率は44.17%。

プロフィール

土本 ちあき
(つちもと ちあき/51歳)

土本 ちあき

清須市に生まれ育ち、同市にある県立新川高校第1期生。2000年に起きた東海豪雨で住民の避難誘導に奔走する中で、女性の視点を取り入れた避難所の重要性を痛感。集中豪雨対策の強化など災害に強い街づくり、高齢化社会での買い物弱者対策、高校3年生までの通院費無料化の拡大などに取り組む。 【略歴】党副支部長。創価女子短期大学卒。51歳。

林 しん子
(はやし しんこ/62歳)

林 しん子

小中学生を猛暑から守る対策として小中学校体育館へのエアコン設置、春日中学校へのミストシャワー導入を実現した。市民による避難所運営訓練、軽度難聴児の補聴器購入費補助制度も推進。誰もが安心して暮らせ、子育てしやすい環境づくりや防災対策に意欲を燃やす。 【略歴】党副支部長。町議1期、市議4期。愛知淑徳短期大学卒。62歳。

とびなが 勝次
(とびなが かつじ/56歳)

とびなが 勝次

線路の下を通るアンダーパスに、危険水位を示す水深表示の設置、冠水時の車両進入を防ぐエアー遮断機の導入を推進した。市内の街路灯・防犯灯のLED化で経費の大幅削減を実現。子育て支援や教育環境の充実、社会的孤立防止、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み強化をめざす。 【略歴】党副支部長。市議2期。名城大学中退。56歳。