佐賀県佐賀(さが)市議選(定数36)

2021年10月10日(日)告示
2021年10月17日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
野中 のぶあき (のなか のぶあき) 当選 5 7 2,961 公式ホームページ
中島 たえこ (なかしま たえこ) 当選 1 19 2,545 -
中村 ひろし (なかむら ひろし) 当選 2 20 2,515 -
村岡 たかし (むらおか たかし) 当選 3 21 2,488 公式ホームページ

定数36に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民10、立憲3、無所属19(前回=公明4、自民16、民進3、共産1、社民2、無所属10)。当日有権者数は19万140人。投票率は56.03%。

プロフィール

野中 のぶあき
(のなか のぶあき/50歳)

野中 のぶあき

庶民目線で市民の声を政策に反映させてきた。浸水被害の防止に向け、排水対策を推進。環境保全の一貫として清掃工場で生成し、液化した二酸化炭素(CO2)を農業振興や新たな産業創出に生かそうと奮闘する。日本一住みたい佐賀市の実現へ、クリーンなまちづくりに挑む。 【略歴】党県企業団体渉外局長、市議4期。富士短期大学2部卒。50歳。

中島 たえこ
(なかしま たえこ/54歳)

中島 たえこ

佐賀市議会公明党で初の女性予定候補として、女性の視点を生かした政策実現に意欲を燃やす。長年、教育現場で事務職員として活躍。生徒の進路指導にも従事するなど、周囲から厚い信頼が寄せられている。大学卒業時、就職活動で苦労した自身の経験を生かし、女性や若者が働きやすい環境整備をめざす。 【略歴】党県女性局次長。創価大学卒。54歳。

中村 ひろし
(なかむら ひろし/49歳)

中村 ひろし

小さな声に耳を傾け続ける誠実の人。柔軟剤などの「香害」に苦しむ住民の声を聞き、県議と連携して県に啓発ポスターの作成を促し、実現した。バリアフリー化をはじめ、高齢者のあんしん見守りシールの普及や事前登録制の導入を後押し。自然災害から市民の命を守るため、防災・減災に情熱を燃やす。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。久留米大学卒。49歳。

村岡 たかし
(むらおか たかし/47歳)

村岡 たかし

現場第一主義で、市民の生活向上に尽力。高齢者や障がい者を介護する家族への支援を推進してきた。市民の命を守るため、避難所への災害備蓄品の整備を推進。通学路などの危険箇所には、ガードパイプやカーブミラーを設置させた。若者や女性が暮らしやすい環境をめざし、子育て支援の充実を誓う。 【略歴】党県青年局長。市議2期。創価大学卒。47歳。