山形県鶴岡(つるおか)市議選(定数28)

2021年10月3日(日)告示
2021年10月10日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
くろい 浩之 (くろい ひろゆき) 当選 2 9 2,534 -
あきば 雄 (あきば ゆう) 当選 6 13 2,183 公式ホームページ
富樫 まさき (とがし まさき) 当選 7 22 1,792 公式ホームページ

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産4、国民1、無所属20(前回=定数32=公明3、共産5、無所属24)。当日有権者数は10万4805人。投票率は65.68%。

プロフィール

くろい 浩之
(くろい ひろゆき/56歳)

くろい 浩之

防災士の視点で消防団員の確保や無線設備の拡充、避難所における感染症対策や配備品の充実を推進。町、市職員の経験から、ふるさと納税や有料広告による市の財源確保を進める一方、歳出削減に取り組む。流域治水による防災力向上、農水産物のブランド化に情熱。「女性と子どもが輝く鶴岡」をめざす。 【略歴】党副支部長。市議1期。専修大学卒。防災士。56歳。

あきば 雄
(あきば ゆう/70歳)

あきば 雄

5000件超の市民相談の解決に奔走。社会保険労務士の経験を生かしコロナ禍の雇用確保に努める。「出羽三山」「サムライゆかりのシルク」「北前船寄港地」と三つの日本遺産登録に貢献。観光振興拠点の必要性を訴え「DEGAM(デガム)鶴岡」を設立させた。「誰も置き去りにしない市政」を誓う。 【略歴】党県幹事長。市議5期。明治大学卒。70歳。

富樫 まさき
(とがし まさき/62歳)

富樫 まさき

地域の声から空き家条例制定や通学路の安全対策を進めた。遠隔地におけるオンライン診療の導入に尽力し、拡充に取り組む。中学3年生対象の無料学習支援を温海地域で実現、市内全域の展開をめざす。「鶴岡シルク」を活用したまちおこし、「断らない相談支援体制」づくりで「幸齢社会」実現に挑む。 【略歴】党支部長。市議6期。東京理科大学卒。62歳。