大阪府羽曳野(はびきの)市議選(定数18)

2021年9月5日(日)告示
2021年9月12日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
とぞの 康裕 (とぞの やすひろ) 当選 3 5 2,420 公式ホームページ
つうどう 義弘 (つうどう よしひろ) 当選 3 6 2,411 公式ホームページ
かさはら 由美子 (かさはら ゆみこ) 当選 6 7 2,192 公式ホームページ

定数18に対する当選者の党派別内訳は公明3、自民3、共産3、維新5、無所属4(前回=公明3、自民4、共産4、維新4、無所属3)。当日有権者数は9万2235人。投票率は46.21%

プロフィール

とぞの 康裕
(とぞの やすひろ/56歳)

とぞの 康裕

住民の輪の中で日々奮闘。あふれる情熱、行動力が共感を広げる。 コロナ禍での子育て支援として小学校給食を無償化し、中学校給食は半額に。安全安心の街づくりに向け、空き家の利活用を促進。設置を訴えた新市民プールの建設も進む。 がん教育や防災教育の充実、高齢者の健康生活支援などに挑む。 【略歴】党支部長。市議2期。京都産業大学卒。56歳。

つうどう 義弘
(つうどう よしひろ/57歳)

つうどう 義弘

市民相談にはいつも誠実、迅速に対応。政策実現力が光る。 全小中学校の全教室へのクーラー設置、18歳までの子ども医療費助成に尽力。防犯カメラ増設、手話言語条例の制定、大乗川の川底しゅんせつも進めた。 乗り合いタクシーの導入、発達障がい児支援などに取り組む。 【略歴】党副支部長。市議2期。市監査委員。大阪電気通信大学短期大学部中退。57歳。

かさはら 由美子
(かさはら ゆみこ/64歳)

かさはら 由美子

「小さな声」を基に、生活密着の政策を相次ぎ実らせてきた。 5000円相当の感染防止・防災用品が1000円で買える補助事業を導入。妊婦歯科健診、被災者支援システム、近鉄恵我ノ荘駅前の整備も推進した。 コロナ禍で困窮する世帯や事業者へのさらなる支援、浸水地域の解消などをめざす。 【略歴】党府女性局次長。市議5期。関西女子短期大学卒。64歳。