奈良県奈良(なら)市議選(定数39)

2021年7月4日(日)告示
2021年7月11日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
ふじ田 さちよ (ふじた さちよ) 当選 3 13 3,723 公式ホームページ
みやいけ 明 (みやいけ あきら) 当選 4 15 3,603 公式ホームページ
伊藤 つよし (いとう つよし) 当選 4 17 3,499 公式ホームページ
くり 雄二 (くり ゆうじ) 当選 3 21 3,208 公式ホームページ
田畑 ひさえ (たばた ひさえ) 当選 2 22 3,179 公式ホームページ
森岡 ひろゆき (もりおか ひろゆき) 当選 4 23 3,151 公式ホームページ
そうだ 哲朗 (そうだ てつろう) 当選 2 28 2,685 公式ホームページ

定数39に対する当選者の党派別内訳は公明7、自民6、共産6、維新4、無所属16(前回=公明7、自民6、民進2、共産6、維新3、諸派1、無所属14)。当日有権者数は29万8780人。投票率は50.92%。

プロフィール

ふじ田 さちよ
(ふじた さちよ/59歳)

ふじ田 さちよ

教育現場の経験を生かし、一人に寄り添う姿勢を貫いてきた。 認知症の人を地域で見守るアプリを導入したのは、この人。発達障がい児の早期療育につなげるため、1歳7カ月健診の問診事項を追加。フードバンク事業も推進した。 弱い立場にある女性が抱える悩みに応じた支援の強化に意欲。 【略歴】党県女性局次長。市議2期。常磐会短期大学卒。59歳。

みやいけ 明
(みやいけ あきら/56歳)

みやいけ 明

抜群の行動力を発揮し、課題解決に奔走。「新しい社会を創る」がモットーの情熱派。 不登校など困難を抱える人の相談窓口の開設や、子ども・若者支援地域協議会を発足させた。認知症の人を支える権利擁護センターの設置も推進した。 子どもの貧困の連鎖を断ち切るため、教育の充実を訴え走る。 【略歴】党県幹事、同遊説局長。市議3期。放送大学卒。56歳

伊藤 つよし
(いとう つよし/57歳)

伊藤 つよし

3期12年で市民相談4500件、街頭活動は1万7000回を超える現場第一の人。 インフラのメンテナンスを効率的に行う部署を新設。道路陥没を防ぐため路面下の空洞調査も推進。市西部の観光活性化へ、道の駅の建設を後押しした。 「2025年問題」などを見据えた介護士の処遇改善に全力。 【略歴】党県市民活動局長代理。市議3期。近畿大学卒。57歳。

くり 雄二
(くり ゆうじ/63歳)

くり 雄二

誠実な対話を積み重ね、現場の声を実現させてきた実直な人。 近鉄・大和西大寺駅の利便性向上へ、南口駅前広場の改修や南北を横断する自由通路の開通を後押し。胃がんの予防へ、ピロリ菌検査や内視鏡検査の対象年齢拡大を推進した。 同駅北口の再開発や市中心部につながる幹線道路の整備に情熱。 【略歴】党県組織局次長。市議2期。天王寺英語学院卒。63歳。

田畑 ひさえ
(たばた ひさえ/62歳)

田畑 ひさえ

真面目な人柄。生活者目線で小さな声を聴き、市政に届けてきた。 市立病院の女性相談外来のホームページ表記を改善。双子以上を育てる多胎妊婦の健診の助成額も拡充。マイナンバーカードの郵送申請方法を解説する動画配信も進めた。 安心して子育てできるよう産後ケアの拡充などに力を注ぐ。 【略歴】党県政策局次長。市議1期。武庫川女子短期大学卒。62歳。

森岡 ひろゆき
(もりおか ひろゆき/63歳)

森岡 ひろゆき

豊富な経験を生かし、現場の声を市政に反映してきた実力派。 小中学校の図書購入費予算を増額させ、読書環境を充実。図書館で借りた本の返却ポストも市内3カ所に設置。主要駅周辺や通学路などに防犯カメラ300台を増設した。 通学路の安全対策強化、読書通帳の導入に全力を挙げる。 【略歴】党県幹事、同議会局長代理。市議3期。関西大学卒。63歳。

そうだ 哲朗
(そうだ てつろう/55歳)

そうだ 哲朗

一人のために努力を惜しまぬ行動力が持ち味。信条は「市民の目線で生活者を守る」。 SNSを活用し小中学校でのいじめ相談体制を強化。集会所などを避難所として登録する「届出避難所」を制度化。市消防局の女性職員の職域も拡大した。 認知症の人やその家族を地域で支え合う支援体制の構築を誓う。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。創価大学卒。55歳。