埼玉県飯能(はんのう)市議選(定数19)

2021年4月18日(日)告示
2021年4月25日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
熊田 なお子 (くまだ なおこ) 当選 1 1 2,035 公式ホームページ
なかもと 太 (なかもと ふとし) 当選 3 5 1,880 公式ホームページ
くりはら 義幸 (くりはら よしゆき) 当選 3 10 1,473 公式ホームページ

定数19に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産3、維新1、諸派1、無所属11(前回=公明3、共産4、維新1、諸派1、無所属10)。当日有権者数は6万6744人。投票率は47.09%。

プロフィール

熊田 なお子
(くまだ なおこ/54歳)

熊田 なお子

34年間、保育の現場で子どもの教育や保育士の育成に力を注ぐ。子育てママとして、PTA副会長や学年委員長を歴任。明るく温かい人柄から、誰からも頼りにされる存在だ。「笑顔あふれる未来に責任!」を信条に、保育士として培った経験から、子育てしやすい希望ある街づくりに熱意を燃やす。 【略歴】党女性委員。創価大学通信教育部卒。54歳。

なかもと 太
(なかもと ふとし/50歳)

なかもと 太

行動力、実現力、そして強い正義感が武器。タブレットを用いた遠隔手話通訳による聴覚障がい者支援をはじめ、中学3年生までの医療費無償化、認知症初期集中支援チームの導入など実績は多彩。耐震化対策の見直しや防犯カメラ増設などの安全な学校づくりや、水災害マップの導入に全力を挙げる。 【略歴】党副支部長。市議2期。県立飯能高校卒。50歳。

くりはら 義幸
(くりはら よしゆき/54歳)

くりはら 義幸

「安心と希望の持てる飯能市へ、全力!」をモットーに地域を駆ける。市内全域での防犯灯のLED化、防災行政無線のデジタル化を実現。空き家対策として、基本計画の策定や空き家バンクの拡充に尽力してきた。防災・減災対策のさらなる充実や、交通空白地でのデマンド型交通の導入に挑む。 【略歴】党支部長。市議2期。県立飯能南高校卒。54歳。