和歌山県田辺(たなべ)市議選(定数20)

2021年4月18日(日)告示
2021年4月25日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
小川 ひろき (おがわ ひろき) 当選 6 1 1,919 公式ホームページ
佐井 あきこ (さい あきこ) 当選 6 8 1,630 公式ホームページ
加藤 よしのり (かとう よしのり) 当選 1 9 1,610 -

定数20に対する当選者の党派別内訳は公明3、自民1、共産2、無所属14(前回=定数22=公明3、自民1、共産3、無所属15)。当日有権者数は6万538人。投票率は59.36%。

プロフィール

小川 ひろき
(おがわ ひろき/54歳)

小川 ひろき

市議会議長、副議長を歴任。住民相談への的確な対応、豊かな実現力で市政をリード。 コロナ禍で打撃を受けた事業者に市独自の給付金を支給。国保の人間ドック費用の補助、認定こども園の開設、被災者支援システム導入も実らせた。 子育て支援、市街地活性化、災害に強い街づくりに取り組む。 【略歴】党県副幹事長。市議5期。関西大学卒。54歳。

佐井 あきこ
(さい あきこ/65歳)

佐井 あきこ

明朗快活、生活現場の最前線で奮闘する行動派。特に子育て、教育分野の実績が光る。 新型コロナ対策として新生児特別給付金を実現。学校図書館への司書の配置、奨学金の拡充、新図書館の建設に尽力。病児・病後児保育も拡充させた。 防災・減災の強化、市への移住・定住、文化芸術支援も進める。 【略歴】党県規律委員長。市議5期。岡山大学卒。65歳。

加藤 よしのり
(かとう よしのり/44歳)

加藤 よしのり

田辺市で生まれ育った。市内の建築、清掃会社に計25年間勤務。暮らしに密接する仕事に関わる中、「郷土の発展に貢献したい」と職務に日々精励。実直な人柄、丁寧な対応で周囲の信頼を得た。 障がい者や高齢者への支援、地震・津波対策、地場産業活性化、若者の定住などに情熱を燃やし初挑戦する。 【略歴】党副支部長。県立田辺高校卒。44歳。