富山県富山(とやま)市議選(定数38)

2021年4月11日(日)告示
2021年4月18日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
かしわ 佳枝 (かしわ よしえ) 当選 1 12 4,108 -
松井 けいしょう (まつい けいしょう) 当選 3 15 3,853 公式ホームページ
松尾 しげる (まつお しげる) 当選 3 16 3,792 公式ホームページ
さとう 則寿 (さとう のりとし) 当選 6 22 3,577 公式ホームページ

定数38に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民24、国民1、共産2、維新1、無所属6(前回=公明4、自民22、民進1、共産2、維新2、社民3、諸派2、無所属2)。当日有権者数は34万2796人。投票率は47.96%。

プロフィール

かしわ 佳枝
(かしわ よしえ/50歳)

かしわ 佳枝

3人の子育てで苦労した経験から、育児中の友人と協力して親子サークルを設立。一人で悩みを抱えない環境づくりに励んできた。議員として、妊娠・出産・子育てを支える制度を充実させる決意だ。介護予防施策、防災・減災対策、長期化するコロナ禍で困窮する人への支援策の強化などにも取り組む。 【略歴】党県女性局次長。専修大学卒。50歳。

松井 けいしょう
(まつい けいしょう/61歳)

松井 けいしょう

子ども医療費助成などを利用する際、医療機関に出していた福祉医療費請求書を不要にするよう県に要請。全市町村で請求書がデータ化され、提出が不要になった。外見で分からない障がいなどを抱える人が支援を求めやすくなる「ヘルプマーク」の普及にも尽力。今後、起業をめざす人への支援強化に挑む。 【略歴】党県副幹事長。市議2期。国立富山高専卒。61歳。

松尾 しげる
(まつお しげる/53歳)

松尾 しげる

ひきこもりなどに悩む若者が集まる団体と積極的に交流。そこで聞いた声を基に、困難を抱える人の居場所をつくる団体に助成金を交付する「わがまちサロン事業」を実らせた。道路陥没を防ぐ路面下空洞調査、障がい者スポーツ普及も推進。今後、障がい者が健常者と同様に暮らせる社会の実現をめざす。 【略歴】党県青年局次長。市議2期。県立富山北部高校卒。53歳。

さとう 則寿
(さとう のりとし/58歳)

さとう 則寿

朝の街頭演説と手作りの議会レポート配布(年4回)を18年間、継続。政務活動費の厳格な運用指針や議会BCP(業務継続計画)策定など、議会改革をリードした。子ども医療費無料化の中学3年生までの拡大、コロナ禍に対応した市民支援策を実現。今後、ポストコロナを見据えた雇用施策を進める。 【略歴】党県政策局長。市議5期。富山大学卒。58歳。