広島県三原(みはら)市議選(定数25)

2021年3月28日(日)告示
2021年4月4日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
こだま 敬三 (こだま けいそう) 当選 3 14 1,347 公式ホームページ
はぎ 由美子 (はぎ ゆみこ) 当選 3 16 1,322 公式ホームページ
たかはら 伸一 (たかはら しんいち) 当選 2 15 1,322 公式ホームページ

定数25に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産1、無所属21(前回=定数26=公明3、共産1、無所属22)。当日有権者数は7万5956人。投票率は50.39%。

プロフィール

こだま 敬三
(こだま けいそう/65歳)

こだま 敬三

西日本豪雨災害からの復旧・復興へ、砂防堰堤の整備や天井川の堤防強化などを推進。鳥獣被害に悩む農道改良、中古車販売業者の軽自動車税の免除、集会所のトイレ洋式化、健康増進施設へのAED設置も実らせた。 防災・減災、文化やスポーツ振興による賑わい創出、子育て・高齢者福祉の拡充を誓う。 【略歴】党支部長。市議2期。大阪産業大学中退。65歳。

はぎ 由美子
(はぎ ゆみこ/64歳)

はぎ 由美子

市防災士ネットワークの役員や子ども食堂副代表などを務め、地域密着の行動を貫く。不育症治療費補助、骨髄ドナーへの日額2万円助成を実現。介護保険で住宅改修・福祉用具購入の際に自己負担分のみを払う受領委任払い制度も導入した。 女性の視点を生かした安全・安心で住みやすい街づくりに挑む。 【略歴】党支部長。市議2期。創価大学卒。防災士。64歳。

たかはら 伸一
(たかはら しんいち/45歳)

たかはら 伸一

西日本豪雨災害の発災直後から被災者支援に駆け回り、給水ボランティアの受け入れや土砂撤去に奔走。私立幼稚園の授業料を保護者の立て替え払いが不要な代理受領方式に改善。地域の安全対策も数多く実現してきた。 子育て支援の拡充、“幸齢社会”の構築、脱炭素社会への新しい街づくりをめざす。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。徳山大学卒。45歳。