埼玉県入間(いるま)市議選(定数22)

2021年3月7日(日)告示
2021年3月14日(日)投票

氏名(ふりがな) 現職・新人 年齢 ホームページ
ながさわ みえこ(ながさわ みえこ) 現4 62
金沢 ひでのぶ(かなざわ ひでのぶ) 現4 56
向口 ふみえ(むかいぐち ふみえ) 現3 61
すえつぐ 正(すえつぐ ただし) 現2 62
  • 年齢は任期満了日を基準にしています。

プロフィール

ながさわ みえこ(ながさわ みえこ/62歳)

ながさわ みえこ

一人の声から政策を形にしてきた。市役所内に「ふるさとハローワーク」を開設し、就職活動を後押し。1人暮らしの高齢者への救急医療情報キット配布、市内全コンビニへのAED設置を推進。児童発達支援センターの開所にも尽力した。3Dマンモグラフィー導入、就職氷河期世代の支援に挑む。 【略歴】党県女性局次長。市議4期。跡見学園女子大学卒。62歳。

金沢 ひでのぶ(かなざわ ひでのぶ/56歳)

金沢 ひでのぶ

抜群の行動力が魅力。税金の無駄遣いを減らすため、防犯灯のLED化による電気代削減などを実現した。毎年約2億円の財源を生み出し、行財政改革をリード。不老川の洪水対策を進めたほか、前立腺がん検診の導入に貢献した。新型コロナワクチン接種の円滑な実施や、待機児童解消に全力で取り組む。 【略歴】党総支部議会部長。市議4期。創価大学卒。56歳。

向口 ふみえ(むかいぐち ふみえ/61歳)

向口 ふみえ

モットーは「あなたの声を大切に」。女性の視点を生かした実績を積み重ねてきた。子育て世代包括支援センターの設置や、産前産後ケア事業を実現。移動手段確保に向けて、運転免許自主返納者へのバス回数券配布も主導した。手話言語条例の制定、災害時に備えたマイタイムラインの作成に力を注ぐ。 【略歴】党副支部長。市議3期。創価大学卒。61歳。

すえつぐ 正(すえつぐ ただし/62歳)

すえつぐ 正

明るく気さくな人柄。災害などによる収入減から農家を守る収入保険の加入を促進。人間ドックへの胃がんリスク検査の追加や、ご当地ナンバープレートの交付を推進した。災害時に罹災証明書の発行を円滑にする「被災者支援システム」の導入も実現。市民サービスの向上へ行政のデジタル化めざす。  【略歴】党支部長。市議2期。日本電子専門学校卒。62歳。