福岡県北九州市(小倉南(こくらみなみ)区選挙区)(定数12)

2021年1月22日(金)告示
2021年1月31日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
きのした 幸子 (きのした さちこ) 当選 6 3 5,466 公式ホームページ
渡邊 しゅういち (わたなべ しゅういち) 当選 2 5 5,367 公式ホームページ
かねこ 秀一 (かねこ しゅういち) 当選 2 7 5,134 公式ホームページ

総定数57に対する当選者の党派別内訳は、公明13、自民16、立憲7、共産8、維新3、無所属10(前回=総定数57=公明13、自民18、民進7、共産10、社民1、ネット1、無所属7)。当日有権者数は78万7960人。投票率は40.29%。

プロフィール

きのした 幸子
(きのした さちこ/64歳)

きのした 幸子

母子手帳配布時に読み聞かせの絵本を配る「はじめての絵本事業」の導入や障がい者の相談支援センター設置に尽力。犬猫殺処分対策や防災教育を充実させるなど、5期20年で築いた実績は多彩だ。 口腔ケア事業の拡充などを通じて健康寿命を延ばす“幸齢社会”の構築や、防災対策の拡充に全力を傾ける。 【略歴】党県幹事、同女性局次長。市議5期。創価大学卒。64歳。

渡邊 しゅういち
(わたなべ しゅういち/48歳)

渡邊 しゅういち

西鉄バスのJR下曽根駅行き新規路線の実現や通学路の安全対策強化に尽力。2018年夏の豪雨に伴い、足立山で土砂災害が発生した際は、国会議員と素早く連携し、復旧支援や治山対策の早期実施に貢献した。 買い物弱者支援や子育て・医療環境の充実、地域防災力の強化などに情熱を注ぐ。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。日本デザイナー学院卒。48歳。

かねこ 秀一
(かねこ しゅういち/44歳)

かねこ 秀一

豪雨災害を教訓に河川の土砂を取り除く市の基準を設け、氾濫対策を強化。インフルエンザ予防接種費の助成や市立総合農事センターの機能充実、市民センター内のオンライン環境整備も実現した。 北九州空港の滑走路延伸や公共交通事業のさらなる充実に真剣。“誰もが安心して暮らせる社会”をめざす。 【略歴】党県新聞広告副委員長。市議1期。福岡大学卒。44歳。