埼玉県新座(にいざ)市議選(定数26)

2020年2月9日(日)告示
2020年2月16日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
滝本 やすゆき (たきもと やすゆき) 当選 6 3 2,013 公式ホームページ
白井 ただお (しらい ただお) 当選 5 4 1,952 公式ホームページ
野中 やよい (のなか やよい) 当選 3 5 1,890 公式ホームページ
鈴木 ひでいち (すずき ひでいち) 当選 3 9 1,742 公式ホームページ
やちだ よう子 (やちだ ようこ) 当選 1 10 1,678 -
伊藤 ちさこ (いとう ちさこ) 当選 1 12 1,664 -
佐藤 しげただ (さとう しげただ) 当選 3 16 1,603 公式ホームページ

定数26に対する当選者の党派別内訳は公明7、共産6、N国1、無所属12(前回=公明7、共産6、おおさか維新1、無所属12)。当日有権者数は13万4964人。投票率は33.87%。

プロフィール

滝本 やすゆき
(たきもと やすゆき/61歳)

滝本 やすゆき

初当選以来、毎回の定例会質問に立ち、市民の声を市政につなげてきた行動派。災害発生を想定した「避難訓練×コンサート」実施や聴覚障がい者などがスマホから簡単に119番通報できるシステム導入にも尽力した。市内農産物の販売促進による地域経済活性化、小中学校体育館のエアコン設置へ注力。 【略歴】党総支部幹事長。市議5期。創価大学卒。61歳。

白井 ただお
(しらい ただお/54歳)

白井 ただお

家族で防災について話し合う「家族防災会議の日」制定や柳瀬川に河川の氾濫の危険度を示す危機管理型水位計の設置など、防災・減災対策を一貫して推進してきた。国道254号のJR新座貨物ターミナル駅入り口前への歩道整備、市の北部地域に児童センター新設。ずっと住み続けたい街づくりを誓う。 【略歴】党総支部団体渉外部長。市議4期。創価大学卒。54歳。

野中 やよい
(のなか やよい/56歳)

野中 やよい

SNSを活用した議員活動の発信で着実に党理解を広げてきた。広告料を利用して市庁舎全階へのAED設置や市役所での母子健康手帳交付時に助産師の相談が受けられる体制構築など、市民の生活を守る施策を実現。子育て世代包括支援事業の拡充、産後うつ対策に力を注ぐ。 【略歴】党総支部デジタル広報部長。市議2期。創価大学卒。防災士。56歳。

鈴木 ひでいち
(すずき ひでいち/62歳)

鈴木 ひでいち

相談者への真摯な対応が定評。市民相談は2500件、実績は1000件を超える。西武線ひばりヶ丘駅北口のエレベーター・エスカレーター設置や、災害により浸水被害を受けた住宅の復旧修繕工事費の補助制度を創設した。東久留米志木線へのバスの乗り入れなどに情熱。 【略歴】党総支部機関紙推進部長。市議2期。山形県立米沢興譲館高校卒。62歳。

やちだ よう子
(やちだ ようこ/57歳)

やちだ よう子

キャッチコピーは「やちだにおまかせ! 新座の未来!!」。小中学生の英語講師、市の子どもの放課後居場所づくり事業「ココフレンド」のスタッフを通じ多くの子どもたちを見守ってきた。高校時代に母親をがんで亡くした経験から、がん対策の充実、子どもたちが健やかに成長できる教育環境整備に全力。 【略歴】党支部副女性委員。大妻女子大学短期大学部卒。57歳。

伊藤 ちさこ
(いとう ちさこ/56歳)

伊藤 ちさこ

短大時代、家業が倒産。アルバイトと奨学金で卒業を果たした。母として2人の育児に奮闘しながら幼稚園、小中学校のPTA会長などを歴任。子どもの学習環境改善に貢献した。両親の介護経験から、介護人材の待遇改善や地域で当事者を支える環境づくりで希望あふれる新座の“幸齢社会”実現をめざす。 【略歴】党支部副女性委員。東洋大学短期大学部卒。56歳。

佐藤 しげただ
(さとう しげただ/51歳)

佐藤 しげただ

現場第一主義を信条に、徹して一人に寄り添い、市民の小さな声を市政に届けてきた。リース方式による街路灯のLED化を実現。認知症サポーターを対象にVR(仮想現実)機器を活用した認知症症状(幻視など)の疑似体験会を開催した。高齢者、障がい者施策の推進で誰もが暮らしやすい新座へ意欲。 【略歴】党総支部政策部長。市議2期。国士舘大学卒。51歳。