宮城県名取(なとり)市議選(定数21)

2020年1月19日(日)告示
2020年1月26日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
菊地 しのぶ (きくち しのぶ) 当選 5 9 1,148 公式ホームページ
すがわら 和子 (すがわら かずこ) 当選 2 10 1,148 公式ホームページ
菊地 まさお (きくち まさお) 当選 1 11 1,117 公式ホームページ

定数21に対する当選者の党派別内訳は公明3、立憲1、共産3、無所属14(前回=公明2、共産3、社民1、無所属15)。当日有権者数は6万3605人。投票率は39.29%。

プロフィール

菊地 しのぶ
(きくち しのぶ/55歳)

菊地 しのぶ

乳幼児のロタウイルス感染症を防ぐ予防接種費用の助成を推進し、今年度から一部助成がスタート。妊婦歯科健診を年4回に増やし、集団から個別への変更も後押ししたほか、医療用ウィッグの購入費助成など実績は数多い。安全・安心なまちづくりへ通学路の整備にも意欲を燃やす。 【略歴】党支部長。市議会副議長。市議4期。宮城県工業高校卒。防災士。55歳。

すがわら 和子
(すがわら かずこ/59歳)

すがわら 和子

豪雨対策として、市内6カ所への土のうステーション整備を推進した。教育環境の改善にも尽力。不登校などの児童・生徒を支援する「心のケアハウス」開設や、市内全公立小中学校の普通教室などへのエアコン設置を実現した。子ども医療費の助成対象の拡充など、子育て支援にも全力を傾ける。 【略歴】党支部長。市議1期。仙台女子商業高校卒。防災士。59歳。

菊地 まさお
(きくち まさお/66歳)

菊地 まさお

小学生の時に父を亡くし苦学した。高校卒業後は、土木事業の最前線で36年間、市街地開発などに従事。3.11の際は、住民の安否確認に走った。名取市職員へ転職後、復興事業の責任者として、民間事業者の技術力導入などで貢献した。災害に強い名取の構築を固く誓う“即戦力”に期待が高まる。 【略歴】党副支部長。仙台市立仙台工業高校卒。66歳。