埼玉県吉川(よしかわ)市議選(定数20)

2020年1月19日(日)告示
2020年1月26日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
小野 きよし (おの きよし) 当選 4 3 1,238 公式ホームページ
五十嵐 えち子 (いがらし えちこ) 当選 6 4 1,225 公式ホームページ
大泉 ひでお (おおいずみ ひでお) 当選 1 5 1,190 -

定数20に対する当選者の党派別内訳は公明3、自民4、共産3、諸派1、無所属9(前回=公明3、自民4、共産4、諸派1、無所属8)。当日有権者数は5万8246人。投票率は39.28%。

プロフィール

小野 きよし
(おの きよし/58歳)

小野 きよし

抜群の政策提言、立案力で市政をリード。公立全小中学校の普通・特別教室へのエアコン設置を後押しした。通学路の安全対策へ最高速度を時速30キロに制限する「ゾーン30」の導入に尽力。学校と地域が協働で子どもを育てるコミュニティースクールの推進、学校や公共施設のトイレ洋式化に挑む。 【略歴】党市議団団長。市議3期。創価大学卒。58歳。

五十嵐 えち子
(いがらし えちこ/64歳)

五十嵐 えち子

女性の目線を生かして市民の一番近くで暮らしを守る。高齢者などの移動を支えるタクシー料金の助成を実現。内部障がいを抱える人への配慮を求めるヘルプカード導入や乳幼児用液体ミルク備蓄を主導した。安全・安心のまちづくりへ、通学路などへの防犯カメラ設置に全力を尽くす。 【略歴】党支部長。市議会副議長。市議5期。東洋美術学校卒。64歳。

大泉 ひでお
(おおいずみ ひでお/49歳)

大泉 ひでお

誠実な人柄と行動力が魅力。一児の父。営業職での経験を生かして市民一人一人の声に耳を傾け「市民目線での課題解決に全力で取り組む」と決意する。UR団地への買い物施設誘致のほか、水害の危険を知らせる想定浸水深の電柱への表示や、防災ラジオの導入に力を注ぎ、災害に強いまちづくりをめざす。 【略歴】党総支部副青年部長。国士舘大学卒。49歳。