埼玉県桶川(おけがわ)市議選(定数19)

2019年11月10日(日)告示
2019年11月17日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
なかまた 清美 (なかまた きよみ) 当選 4 5 1,348 公式ホームページ
岩﨑 たかし (いわさき たかし) 当選 3 7 1,293 公式ホームページ
保坂 てるお (ほさか てるお) 当選 3 9 1,111 -

定数19に対する当選者の党派別内訳は公明3、国民2、共産2、社民1、無所属11(前回=公明3、民主1、共産2、社民1、無所属12)。当日有権者数は6万3196人。投票率は39.30%。

プロフィール

なかまた 清美
(なかまた きよみ/58歳)

なかまた 清美

幼稚園教諭の経験や女性の視点を生かし、市政をリードしてきた。小学校への教育相談員、放課後子供教室の配置に尽力。集団がん検診の申し込み簡素化と場所拡大も実現した。中学校への通級指導教室の設置や高齢者の外出支援のためのタクシー補助券配布に全力を挙げる。 【略歴】党総支部議会部長。市議3期。大宮保育専門学校卒。58歳。

岩﨑 たかし
(いわさき たかし/60歳)

岩﨑 たかし

市民の安全・安心を第一に考える。防災機能を備えた新庁舎の建設や小中学校の普通教室へのエアコン設置に尽力。こども医療費助成制度の支給対象を高校3年生まで拡充したほか、生活困窮者の自立支援も後押し。「道の駅おけがわ」(仮称)の早期実現や待機児童の解消へ果敢に挑む。 【略歴】党総支部災害対策部長、同副支部長。市議2期。東京国際大学卒。60歳。

保坂 てるお
(ほさか てるお/63歳)

保坂 てるお

介護・福祉のスペシャリスト。高齢者や子育て世代が住みやすいまちづくりをめざす。桶川駅東口のエレベーター設置を主導。こども医療費の窓口払い廃止に加え、子ども食堂「しゃきょう食堂」のオープンも進めた。地域包括ケアシステムの推進に情熱を燃やす。 【略歴】党総支部機関紙推進部長。市議2期。慶応義塾大学卒。社会福祉士。63歳。