神奈川県海老名(えびな)市議選(定数22)

2019年11月3日(日)告示
2019年11月10日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
日吉 ひろ子 (ひよし ひろこ) 当選 3 8 2,405 公式ホームページ
ふくち 茂 (ふくち しげる) 当選 6 14 1,865 公式ホームページ
とざわ 幸雄 (とざわ ゆきお) 当選 3 15 1,785 公式ホームページ

定数22に対する当選者の党派別内訳は公明3、自民1、立憲2、国民1、共産2、N国1、ネット1、無所属11(前回=公明3、自民1、国民1、共産2、ネット1、無所属14)。当日有権者数は10万8902人。投票率は51.03%。

プロフィール

日吉 ひろ子
(ひよし ひろこ/61歳)

日吉 ひろ子

災害発生時、移動式の災害対策本部としても活用できる危機対処型起震車の導入を強力に推し進めたほか、屋外型AEDの設置に尽力。市内3カ所へ地域版子育て支援センターを設置するなど、小さな声を“カタチ”にしてきた。小中学校体育館へのエアコン設置や、認知症対策の強化をめざす。 【略歴】党副支部長。市議2期。桜美林短期大学卒。61歳。

ふくち 茂
(ふくち しげる/63歳)

ふくち 茂

路面下空洞調査の実施や、市内小中学校へ火災時に作動する防火シャッターに挟まれる事故を防ぐ「安全装置」の設置工事を推進してきた。このほか、1人暮らしの高齢者見守りのための「センサー付き見守り機」の導入も実現させた。少子高齢化対策や、災害対策のさらなる拡充に情熱を燃やす。 【略歴】党支部長。市議5期。鹿児島県立隼人工業高校卒。63歳。

とざわ 幸雄
(とざわ ゆきお/58歳)

とざわ 幸雄

支援物資の集積所などとして災害時に活用できる大型エアーテントの導入を推進。感震ブレーカーの普及促進や、高齢者の買い物支援などのための無料巡回車の運用を実現したほか、就学援助金の支給枠拡大にも尽力した。福祉タクシー券の配布など、障がい者が安心して暮らせる社会の実現に全力。 【略歴】党副支部長。市議2期。日本工学院専門学校卒。58歳。