千葉県大網白里(おおあみしらさと)市議選(定数18)

2019年11月3日(日)告示
2019年11月10日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
秋葉 よしみ (あきば よしみ) 当選 3 4 1,153 公式ホームページ
かじろ 和利 (かじろ かずとし) 当選 1 8 1,035 -
ひきま 真理子 (ひきま まりこ) 当選 1 9 1,024 -

定数18に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産1、無所属14(前回=公明3、自民1、共産2、無所属12)。当日有権者数は4万1780人。投票率は52.88%。

プロフィール

秋葉 よしみ
(あきば よしみ/65歳)

秋葉 よしみ

市民の命を守る施策を数多く実現してきた。津波避難タワーと、避難場所になる防災公園を整備させたほか、夜間に避難路を照らすLED灯を設置。熱中症対策として、幼稚園・小学校の全教室へのエアコン設置を推進した(中学校は今年度中に完了予定)。防災対策の充実や若者の移住・定住促進に挑む。 【略歴】党副支部長。市議2期。創価大学通信教育部中退。65歳。

かじろ 和利
(かじろ かずとし/58歳)

かじろ 和利

現場第一主義を貫く行動派。農家と小売店の橋渡し役として青果市場で34年間勤務し、オーダー制の独自の販売法を提案・実現。周囲からの信頼は厚く、変化が激しい流通産業の職場で取締役に起用された。地元農業の振興と担い手不足の解消、災害に強い安全・安心のまちづくりに全力を挙げる。 【略歴】党副支部長。県立白里(現・大網)高校卒。58歳。

ひきま 真理子
(ひきま まりこ/56歳)

ひきま 真理子

目の前で困っている人を助けずにはいられない強い正義感の持ち主。介護資格を生かしながら病院やデイサービスで高齢者のケアに携わる仕事などを通じて、社会的弱者に寄り添う姿勢を培ってきた。仕事と子育ての両立支援、高齢者や障がい者が安心して暮らせるまちづくりに意欲を燃やす。 【略歴】党副支部長。日本橋女学館高校卒。56歳。