長野県長野(ながの)市議選(定数39)

2019年9月8日(日)告示
2019年9月15日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
勝山 ひでお (かつやま ひでお) 当選 3 10 3,017 公式ホームページ
松井 ひでお (まつい ひでお) 当選 3 14 2,960 公式ホームページ
小林 ひでこ (こばやし ひでこ) 当選 6 15 2,859 公式ホームページ
近藤 まり (こんどう まり) 当選 6 17 2,774 公式ホームページ
堀内 しんご (ほりうち しんご) 当選 1 21 2,682 公式ホームページ

定数39に対する当選者の党派別内訳は公明5、共産6、社民1、無所属27(前回=公明5、共産7、社民2、無所属25)。

当日有権者数は31万3152人。投票率は40.31%。

プロフィール

勝山 ひでお
(かつやま ひでお/47歳)

勝山 ひでお

小さな声を“カタチ”にする実行力が光る。子どもの医療費無料化の対象年齢拡大(中学3年生まで)や、妊娠・出産・子育てに関する情報などを配信する子育て応援アプリ「すくすくなび」を実現。子育て支援のさらなる充実をめざし、保育所待機児童対策や小中学校のエアコン設置などを着実に進めていく。 【略歴】党県青年局長。市議2期。東海大学卒。47歳。

松井 ひでお
(まつい ひでお/52歳)

松井 ひでお

誠実な人柄で、2期8年の市民相談は約2300件。現場主義を貫き、防犯灯の設置や危険な市道の補修など地域の課題解決は1753件に。東日本大震災での災害ボランティアの経験を生かし、防災・減災も進めてきた。今後は、福祉避難所の拡充やマイ・タイムライン(防災行動計画)の普及などをめざす。 【略歴】党県団体渉外局長。市議2期。屋代南高校卒。52歳。

小林 ひでこ
(こばやし ひでこ/60歳)

小林 ひでこ

「笑顔輝くまちづくり」を掲げ、女性のきめ細かな視点で施策を推進。市民病院に医療と介護が連携した「地域包括ケア病棟」の設置や、がん治療などで喉頭を摘出した人が呼吸や発声に使う「人工鼻」購入費への助成を実現した。住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる社会福祉の充実へ全力で挑む。 【略歴】党副総支部長。市議5期。創価大学卒。60歳。

近藤 まり
(こんどう まり/57歳)

近藤 まり

生活者目線を大切にし、希望あふれる長野市の実現へ奔走。仕事と育児の両立を支える子育て応援事業「ファミリー・サポート・センター」導入に尽力し、各種介護サービスが一カ所で受けられる小規模多機能型施設などを推進。「人生100年時代」を見据え、健康寿命の延伸や認知症対策の強化に意欲を燃やす。 【略歴】党県議会局長。市議5期。静岡大学卒。57歳。

堀内 しんご
(ほりうち しんご/40歳)

堀内 しんご

幼い時に祖母を介護する母親の姿から福祉の道を志し、社会福祉士として介護施設に17年間勤務。ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格も持つ介護福祉のプロ。地域では、自治会の育成会長として子どものために奔走した。全ての人が輝く共生社会をめざし、一人に寄り添う市政の実現に情熱を燃やす。 【略歴】党副支部長。吉備国際大学卒。社会福祉士。40歳。