福島県郡山(こおりやま)市議選(定数38)

2019年8月4日(日)告示
2019年8月11日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
小島 ひろこ (おじま ひろこ) 当選 6 2 3,603 公式ホームページ
ただの 光夫 (ただの みつお) 当選 4 5 2,923 公式ホームページ
山根 さとる (やまね さとる) 当選 2 8 2,682 公式ホームページ
田川 まさはる (たがわ まさはる) 当選 5 13 2,451 公式ホームページ

定数38に対する当選者の党派別内訳は、公明4、立憲1、国民1、共産2、社民3、無所属27(前回=公明4、共産3、社民3、無所属28)。当日有権者数は26万8324人。投票率は37.26%。

プロフィール

小島 ひろこ
(おじま ひろこ/65歳)

小島 ひろこ

「子どもは未来の宝」との信念で、子育て支援充実を推進してきた。市こども総合支援センターや子育て世代包括支援センターの開設、市子ども条例の制定を実現。待機児童解消へ、19年前と比べ約3050人分の受け皿を増やした。女性特有のがんの予防やDV(配偶者らによる暴力)防止にも取り組む。 【略歴】党県副代表。市議5期。日本女子体育大学中退。65歳。

ただの 光夫
(ただの みつお/53歳)

ただの 光夫

生活現場の声を市政に届け、「まじめな人が報われる社会」をめざしてきた。留守家庭児童会の設置を50カ所まで拡大。公共施設の無料Wi―Fi整備、全小中学校へのタブレット端末の配備、富久山スポーツ広場の開設を実現した。集中豪雨対策や地域自主防災組織の充実など、防災・減災にも目を配る。 【略歴】党県青年局長。市議3期。岩手大学中退。53歳。

山根 さとる
(やまね さとる/41歳)

山根 さとる

市議会最年少の青年議員で、3人の子育て真っ最中。ヘルプマークの導入や定期接種ワクチン、おたふく風邪ワクチンの再接種費用の全額助成を実現。遺族への配慮を強く求めた自殺対策基本条例の制定、LGBTへの理解を深める講座の開催など、誰もが希望を持って暮らせる郡山に向けた実績は多彩だ。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。創価大学卒。防災士。41歳。

田川 まさはる
(たがわ まさはる/67歳)

田川 まさはる

安心して暮らせる郡山へ、市民の現場に一直線。コンビニ納税の推進、運転免許センターの日曜開庁、ショッピングモールへの期日前投票所整備など利便性向上に心を砕く。食物アレルギー対応マニュアルの小中学校配布、肺炎球菌ワクチンの定期接種化も実現。医療・福祉のさらなる充実に情熱を燃やす。 【略歴】党県幹事、同総支部長。市議4期。成城大学卒。67歳。