愛知県刈谷(かりや)市議選(定数28)

2019年6月23日(日)告示
2019年6月30日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
松永 ひさし (まつなが ひさし) 当選 3 17 1,979 公式ホームページ
白土 みえこ (しらつち みえこ) 当選 6 21 1,885 公式ホームページ
谷口 むつお (たにぐち むつお) 当選 1 22 1,853 -

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産2、無所属23(前回=公明3、共産3、無所属22)。当日有権者数は11万9352人。投票率は50.85%。

プロフィール

松永 ひさし
(まつなが ひさし/58歳)

松永 ひさし

空き巣などの犯罪が多いことから、夜間防犯パトロール車を以前の1台から6台に。犯罪が減少した。避難所となる全小中学校の耐震化も進めた。女性が消防団に加入しやすいよう、詰所への女性用トイレと更衣室の新設を推進。今後、小中学校体育館へのエアコン設置や子育て世代の就労支援をめざす。 【略歴】党支部長。市議2期。県立知立高校卒。防災士。58歳。

白土 みえこ
(しらつち みえこ/64歳)

白土 みえこ

4人の子育てに励み「産後に頼れる人がいないと苦しい」と感じたことから産後ケア事業を実現。認知症だった義母と暮らした経験を生かし、行方不明の高齢者を早期発見するQRコード付きシールを導入させた。地域猫活動の助成も推進。今後、共働き家庭の子どもを預かる放課後児童クラブの拡充に挑む。 【略歴】党副支部長。市議5期。創価大学卒。防災士。64歳。

谷口 むつお
(たにぐち むつお/56歳)

谷口 むつお

エンジニアとして自動車部品の設計・開発に32年間従事。交通事故の多発に胸を痛め、「学校や会社における交通安全教育の実施などで刈谷市を交通安全のモデル地区に」と決意している。ものづくりの担い手育成へ、若者に対する職業体験の機会提供をめざす。3人の娘を持ち、子育てしやすい環境づくりにも意欲を燃やす。 【略歴】党副支部長。三重大学卒。56歳。