山口県下関(しものせき)市議選(定数34)

2019年1月27日(日)告示
2019年2月3日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
前東 直樹 (まえひがし なおき) 当選 2 6 3,064 公式ホームページ
坂本 はるみ (さかもと はるみ) 当選 1 7 2,958 -
えら 健一郎 (えら けんいちろう) 当選 2 9 2,899 公式ホームページ
かわの 淳一 (かわの じゅんいち) 当選 1 12 2,773 -
ひらた 陽道 (ひらた ようどう) 当選 2 14 2,518 公式ホームページ

定数34に対する当選者の内訳は公明5、自民15、共産4、社民1、無所属9(前回=公明5、自民16、民主1、共産4、社民1、無所属7)。当日有権者数は22万3050人。投票率は43.37%。

プロフィール

前東 直樹
(まえひがし なおき/47歳)

前東 直樹

常に最前線に飛び込む卓越した行動力が持ち味。阪神・淡路大震災を原点に、防災士として地域防災活動の充実に尽力。土砂災害危険区域の土地・建物所有者支援も推進した。有害鳥獣対策では自ら狩猟免許(わな)を取得し、狩猟環境の改善を訴える。庶民の思いに寄り添い「小さな声を形に」と全力投球。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。創価大学卒。47歳。

坂本 はるみ
(さかもと はるみ/54歳)

坂本 はるみ

看護師として病院勤務を経て、看護学校の教員を20年務めた。訪問看護や介護予防などの地域医療の重要性が現場感覚で分かる。 働きながら3人の子どもを育て上げた“肝っ玉かあさん”。教え子の中にはシングルマザーも多く、貧困対策に情熱。女性の働き方改革や全世代型福祉の充実に新戦力が挑む。 【略歴】党副支部長。国立岩国病院附属看護学校卒。54歳。

えら 健一郎
(えら けんいちろう/47歳)

えら 健一郎

一人に寄り添う温かな心と堅実な仕事ぶりに周囲の信頼は抜群。子どもの貧困問題に熱心で「こども食堂」開設に尽力。学校トイレの洋式化など教育環境の改善も強力に推進。港湾機能の拡充や企業誘致など下関港の活性化にも貢献した。 誰もが生き生きと暮らせる共生のまち・下関をめざし疾駆する。 【略歴】党県広報宣伝局次長。市議1期。創価大学卒。47歳。

かわの 淳一
(かわの じゅんいち/52歳)

かわの 淳一

電力会社に33年間勤務。技術営業マンとして培った「分析、提案、解決の力」が持ち味。大規模工場・商業施設の自家用発電機の運用改善やエネルギーコスト削減策など提案の採用実績は数多い。技術職時代、災害復旧作業に汗を流した経験も。 5人の子どもの父。笑顔が輝く安全・安心の未来を切り開く。 【略歴】党副支部長。県立下関工業(現・下関工科)高校卒。52歳。

ひらた 陽道
(ひらた ようどう/47歳)

ひらた 陽道

地元紙の元記者。穏やかな人柄の奥に、鋭い分析力が光る。地域の課題だった空き家問題の解消を推進。生活困窮者の自立支援や、子ども医療費助成制度の創設にも尽力。西日本豪雨では、災害ボランティアとして被災地で奮闘した。 高齢者に優しく、子どもに夢を与える街の実現へ全力を挙げる。 【略歴】党県市民運動局次長。市議1期。創価大学卒。47歳。