東京都西東京(にしとうきょう)市議選(定数28)

2018年12月16日(日)告示
2018年12月23日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
大林 みつあき (おおばやし みつあき) 当選 3 7 2,237 公式ホームページ
藤田 みちこ (ふじた みちこ) 当選 3 9 2,139 -
佐藤 公男 (さとう きみお) 当選 4 10 2,093 公式ホームページ
田代 のぶゆき (たしろ のぶゆき) 当選 2 12 2,038 公式ホームページ
おばた 勝己 (おばた かつみ) 当選 5 15 1,847 公式ホームページ

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明5、自民9、立憲2、共産4、諸派3、無所属5(前回=公明5、自民8、民主2、共産4、維新1、諸派3、無所属5)。当日有権者数は16万5942人。投票率は36.84%。

プロフィール

大林 みつあき
(おおばやし みつあき/47歳)

大林 みつあき

徹して現場に足を運び、住民の声に親身に耳を傾ける誠実な人柄が魅力。こうして聞いた市民の声を生かし、高齢者向け健康運動教室拡充やフレイル(高齢者の心身機能低下)予防事業拡大、小学校通学路への防犯カメラ設置に尽力してきた。子どもや高齢者が安心して過ごせる居場所づくりに全力。 【略歴】党総支部政策部長。市議2期。創価大学卒。47歳。

藤田 みちこ
(ふじた みちこ/60歳)

藤田 みちこ

きめ細やかな視点と柔軟な発想で、地域課題の解決に奔走してきた。災害や防犯情報を配信する「安全・安心いーなメール」を創設。6000人を超える住民が活用し喜ばれている。保育園での使用済み紙おむつ持ち帰りの撤廃や市道、都道における車歩道の段差解消などに取り組む。 【略歴】看護師。ケアマネジャー。市議2期。北海道釧路北陽高等学校卒。60歳。

佐藤 公男
(さとう きみお/55歳)

佐藤 公男

優れた政策提案力で市政のかじ取り役を担う実力派。災害時に避難所となる市内小中学校への飲料水備蓄や仮設トイレ確保、罹災証明書発行を円滑に行う「被災者生活再建支援システム」導入など防災対策で実績を積んできた。市民が安心して暮らせる災害に強いまちづくりをめざす。 【略歴】市議会公明党幹事長。市議3期。法政大学大学院修士課程修了。55歳。

田代 のぶゆき
(たしろ のぶゆき/47歳)

田代 のぶゆき

全世代が安心して暮らせる街をめざし医療や介護の充実に力を注いできた。発達障がい児の保護者に対する相談支援事業の創設、認知症の簡易チェックサイトの開設など社会的に弱い立場の人に寄り添う実績が光る。待機児童の解消、より良い教育現場の実現に意欲を燃やす。 【略歴】党都本部青年局次長、同総支部青年部長。市議1期。東京経済大学卒。47歳。

おばた 勝己
(おばた かつみ/64歳)

おばた 勝己

「徹して一人に寄り添う」をモットーに4期16年で受けた市民相談は1万2000件超。4年間で800人の保育定員を増やしたほか、市庁舎などにおける駐車料金の割引拡充も実現した。包括支援センターの充実や不登校、いじめ、虐待など子どもが抱える問題に対する相談機能の強化に挑む。 【略歴】党総支部長。市議会議長。市議4期。神奈川大学卒。64歳。