千葉県八千代(やちよ)市議選(定数28)

2018年12月9日(日)告示
2018年12月16日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
正田 ふみえ (しょうだ ふみえ) 当選 4 5 2,286 公式ホームページ
立川 きよひで (たちかわ きよひで) 当選 2 10 1,900 公式ホームページ
すえなが たかし (すえなが たかし) 当選 2 11 1,897 公式ホームページ
木下 うつみ (きのした うつみ) 当選 4 14 1,783 公式ホームページ
緑川 としゆき (みどりかわ としゆき) 当選 4 15 1,760 公式ホームページ

定数28に対する当選者の党派別内訳は、公明5、自民6、立憲1、国民民主1、共産4、日本維新1、諸派1、無所属9(前回=公明5、自民2、民主2、維新2、共産3、無所属14)。当日有権者数は15万9740人。投票率は34.89%。

プロフィール

正田 ふみえ
(しょうだ ふみえ/59歳)

正田 ふみえ

明るい人柄とパワフルな行動力が魅力。通学路への防犯カメラ設置、保育士の処遇改善、ロタウイルスワクチンの接種費用の助成など数多くの政策を実現した。福祉作業所の建て替えを推進し、重度の重複障がい者の入所や短期入所を可能に。女性、母親の視点を生かし、誰もが暮らしやすいまちづくりに挑む。 【略歴】党総支部長。市議3期。県立千葉東高校卒。防災士。59歳。

立川 きよひで
(たちかわ きよひで/50歳)

立川 きよひで

抜群の行動力で、地域の声を市政に届けてきた。ICT(情報通信技術)を活用した教育や、京成勝田台駅南口の整備計画を推進。道路照明のLED化、食品ロス削減に向けた計画の策定にも尽力した。公共施設の老朽化対策や、小中学校のエアコン設置など教育環境の充実に意欲。 【略歴】党副支部長。市議1期。県立船橋豊富高校卒。防災士。50歳。

すえなが たかし
(すえなが たかし/58歳)

すえなが たかし

「八千代の未来を拓く」と、地域の課題解決に奔走。国会議員と連携し、中小企業の設備投資支援に尽力。京成大和田駅北口の臨時改札の常時開放を実現し、交差点への信号機設置など交通安全対策を推進。公共交通の整備、マイナンバーカードを活用したポイント制度の導入をめざす。 【略歴】党副支部長。市議1期。宮崎県立延岡工業高校卒。防災士。58歳。

木下 うつみ
(きのした うつみ/61歳)

木下 うつみ

「地域共生社会の実現へ、安心なまちづくりを進めたい」と今期、社会福祉士の資格を取得した努力家。UR賃貸住宅団地の地域医療福祉拠点化を推進し、地域福祉計画の策定着手に尽力してきた。災害時の行政対応を定めた業務継続計画の策定も実現。医療や福祉、介護施策の充実に情熱を燃やす。 【略歴】市議会党幹事長。市議3期。近畿大学卒。防災士。61歳。

緑川 としゆき
(みどりかわ としゆき/63歳)

緑川 としゆき

生活現場の声をカタチにする実現力に定評。高津川の溢水対策や京成大和田駅のバリアフリー化、運転免許証の返納者へのタクシー券助成事業などを実現した。市立中央図書館と市民ギャラリーの複合施設の開設にも尽力。地震や豪雨など、都市型災害に備えた対策の強化に全力で取り組む。 【略歴】党支部長。市議3期。東洋大学卒。防災士。63歳。