茨城県稲敷(いなしき)市議選(定数20)

2018年12月2日(日)告示
2018年12月9日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
松戸 ちあき (まつど ちあき) 当選 3 2 1,217 公式ホームページ
若松 ひろゆき (わかまつ ひろゆき) 当選 2 7 1,040 公式ホームページ
あさの 信行 (あさの のぶゆき) 当選 6 8 1,034 公式ホームページ

定数20に対する当選者の党派別内訳は、公明3、共産1、無所属16(前回と同じ)。当日有権者数は3万5335人。投票率は55.02%。

プロフィール

松戸 ちあき
(まつど ちあき/57歳)

松戸 ちあき

市議会唯一の女性議員として活躍。「赤ちゃんふれあい体験授業」の実現や公共トイレの洋式化、子育て支援サイト「ママフレ」の導入など、女性の視点を生かした実績は数多い。卓球バレーをはじめ、誰もが楽しめるユニバーサルスポーツの普及を促進し、「活力あふれる地域にしたい」と誓う。 【略歴】党副支部長。市議2期。東北歯科専門学校卒。57歳。

若松 ひろゆき
(わかまつ ひろゆき/64歳)

若松 ひろゆき

初当選から4年間、抜群の行動力を発揮。防災、環境対策など、さまざまな課題解決に取り組む姿に信頼は厚い。空き家対策の推進に関する条例の制定や避難所の備蓄コンテナ・防災備蓄品の拡充を推進した。市の基幹産業である農業の後継者育成や再生可能エネルギーの地産地消に向けて情熱を注ぐ。 【略歴】党副支部長。市議1期。防災士。鹿児島大学卒。64歳。

あさの 信行
(あさの のぶゆき/62歳)

あさの 信行

「一人の声を大切に、みんなの声を届けます」がモットー。雇用創出や地域活性化をめざし、廃校舎を活用した野菜工場の事業化をリードした。あずま北小学校への児童クラブ開設にも尽力。交通網の整備などを政策に掲げ、市民が安心して暮らせる街づくりに意欲を燃やす。 【略歴】党総支部長。町議1期、市議4期。県立麻生高校卒。62歳。