沖縄県沖縄(おきなわ)市議選(定数30)

2018年9月2日(日)告示
2018年9月9日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
タカハシ 真 (たかはし まこと) 当選 3 5 1,826 -
うえち たかし (うえち たかし) 当選 1 6 1,777 -
アタリ 修 (あたり おさむ) 当選 5 11 1,616 公式ホームページ
フジ山 勇一 (ふじやま ゆういち) 当選 2 15 1,586 -

定数30に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民1、共産2、社民1、無所属22(前回=公明4、自民1、共産3、社民2、無所属20)。当日有権者数は10万8749人。投票率は49.64%。

プロフィール

タカハシ 真
(たかはし まこと/41歳)

タカハシ 真

あふれる情熱と抜群の行動力で築いた実績は多彩。障がい者の就労と生活支援が同時にできる環境整備を国に働き掛けたほか、胃がんの主な原因であるピロリ菌検査の公費助成も導入させた。発達支援センターやロボケアセンターの設置、障がい者の在宅就労支援の充実、バリアフリーの街の実現を誓う。 【略歴】党県青年局長。市議2期。創価大学卒。41歳。

うえち たかし
(うえち たかし/30歳)

うえち たかし

介護福祉士、児童発達支援管理責任者として活躍。中部地区青年団協議会の事務局長としても奮闘するなど、地域の青年のために汗を流してきた。 東部地域の防災・減災対策の強化や、幼稚園や学校の給食無料化、障がい児・者への支援強化に全力。「若い力で沖縄市の未来を開く」と決意に燃える。 【略歴】党県青年局次長。創価大学卒。30歳。

アタリ 修
(あたり おさむ/57歳)

アタリ 修

母子家庭で育った経験から、“庶民のための政治”を掲げ、弱者目線の政策を実行。交通安全指導を16年続けるなど青少年の育成に尽力した。65歳以上のインフルエンザ予防接種の全額助成や子育て世代包括支援センターの設置を推進。子どもや高齢者が安心して暮らせる街をめざす。 【略歴】党県幹事。市議4期。市議会副議長。県立北谷高校卒。57歳。

フジ山 勇一
(ふじやま ゆういち/36歳)

フジ山 勇一

抜群の行動力で、こども医療費窓口無料化や、入学準備費の前倒し支給、住民票などの証明書のコンビニ交付サービスを実現。車の速度を規制する「ゾーン30」も整備させた。 保育環境の改善や、市独自の給付型奨学金の創設などに挑む。子育てしやすく、暮らしやすい街づくりに全力を挙げる。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。創価大学卒。36歳。