兵庫県加古川(かこがわ)市議選(定数31)

2018年6月17日(日)告示
2018年6月24日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
岡田 たえこ (おかだ たえこ) 当選 1 3 4,039 -
岡田 妙子 (おかだ たえこ) 当選 1 3 4,039 -
しらいし 信一 (しらいし しんいち) 当選 2 6 3,534 公式ホームページ
小林 なおき (こばやし なおき) 当選 3 8 3,361 公式ホームページ
ももい 祥子 (ももい しょうこ) 当選 2 9 3,331 公式ホームページ
さがら 大悟 (さがら だいご) 当選 5 10 3,300 公式ホームページ
野村 あきひろ (のむら あきひろ) 当選 1 19 2,819 -
野村 明広 (のむら あきひろ) 当選 1 19 2,819 -

定数31に対する当選者の党派別内訳は公明6、共産3、維新1、諸派1、無所属20(前回=公明6、共産3、諸派1、無所属21)。当日有権者数は21万8400人。投票率は45.93%。

プロフィール

岡田 たえこ
(おかだ たえこ/51歳)

岡田 たえこ

温和な性格。地元・加古川市の発展に貢献しようと出馬を決意。 一般企業に就職後、阪神・淡路大震災を機に人命救助の役に立ちたいと看護師に。17年間、救急医療の最前線で働く傍ら、朗読ボランティアにも所属し地域に貢献してきた。 地域医療体制の強化と、福祉と教育への支援充実に全力挙げる。 【略歴】党副支部長。創価大学、県立加古川看護専門学校卒。51歳。

岡田 妙子
(おかだ たえこ/50歳)

しらいし 信一
(しらいし しんいち/59歳)

しらいし 信一

「一人の声を大切に」がモットー。実現力と行動力には定評が。 予防接種や検診などの情報を知らせる子育てアプリの配信を後押し。手話言語条例の制定や、市内を通る幹線道路・加古川バイパスの振動・防音対策を進めてきたのもこの人。 育児と介護を抱える「ダブルケア」支援や交通機関の拡充に意欲。 【略歴】党副支部長。市議1期。福岡県立浮羽工業高校卒。59歳。

小林 なおき
(こばやし なおき/56歳)

小林 なおき

現場第一に徹し、抜群の行動力で多くの声をカタチにしてきた。 防災対策として法華山谷川と間の川流域の治水工事や避難場所を案内する看板設置を後押し。ボランティア活動に、特産品などと交換できるポイントを付与する制度も実現。 公共交通機関のさらなる充実や、教育現場の改善に全力尽くす。 【略歴】党県組織局次長、同支部長。市議2期。創価大学卒。56歳。

ももい 祥子
(ももい しょうこ/56歳)

ももい 祥子

気さくな性格。1期4年、女性の視点で築いてきた実績が光る。 市内の飲食店、宿泊施設などから発生する食品ロスを減らす「食べきり運動」を推進。 地域住民や、民間事業者と連携した高齢者の「見守りネットワーク」活動も実らせた。 SNSを活用した、いじめ防止、女性目線の防災対策をめざす。 【略歴】党副支部長。市議1期。県立明石北高校卒。56歳。

さがら 大悟
(さがら だいご/56歳)

さがら 大悟

「情熱と誠実」の信条を貫く人。現場を走り築いた実績は豊富。 多くの将棋棋士とゆかりのある同市で、関連施設を開設するなど「棋士のまち」のブランド化を推進。救急現場で人命救助をした人のサポートに向けたカードの配布も実現した。 乳幼児への医療支援強化や将棋文化の教育分野への活用に挑む。 【略歴】党県幹事、同宣伝局長。市議4期。私立育英高校卒。56歳。

野村 あきひろ
(のむら あきひろ/57歳)

野村 あきひろ

「初志貫徹」が座右の銘。実直な人柄で周囲の信頼を集めてきた。 振動や騒音の計測・分析を行う会社に32年間勤務。建物の耐震性能などに貢献する技術を培ってきたほか、若手育成や海外への事業展開に携わり、経験を積んできた実力派だ。 専門分野を生かした防災対策の強化で、安全な街づくりを誓う。 【略歴】党副支部長。大阪工業大学中退。57歳。

野村 明広
(のむら あきひろ/57歳)