東京都町田(まちだ)市議選(定数36)

2018年2月18日(日)告示
2018年2月25日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
山下 てつや (やました てつや) 当選 4 13 4,007 公式ホームページ
おく 栄一 (おく えいいち) 当選 4 14 3,983 公式ホームページ
松葉 ひろみ (まつば ひろみ) 当選 2 21 3,334 公式ホームページ
斉藤 かつひろ (さいとう かつひろ) 当選 1 22 3,313 -
おんじょう 由久 (おんじょう よしひさ) 当選 1 24 3,179 -
村まつ 俊孝 (むらまつ としたか) 当選 1 26 3,055 -

定数36に対する当選者の党派別内訳は公明6、自民12、立憲2、民進1、共産4、都民ファースト1、生活者ネット1、諸派1、無所属8(前回=公明6、自民9、民主4、共産5、みんな1、結い1、維新1、社民1、生活者ネット2、無所属6)。当日有権者数は35万2453人。投票率は42.35%。

プロフィール

山下 てつや
(やました てつや/52歳)

山下 てつや

持ち前の粘り強さで、団地、公園に子育て支援施設の拡充や、地域交通の利便性向上を推進。さらに、スケートボードやパラスポーツが楽しめる環境整備に取り組む。地域のまちづくり計画の策定にも従事。防犯カメラの増設や、高齢者、子どもの目線を踏まえた安全対策の促進にも力を注ぐ。 【略歴】党総支部政策部長。市議3期。青山学院大学卒。52歳。

おく 栄一
(おく えいいち/63歳)

おく 栄一

真面目で実直な姿に、人望が厚い。肝炎ウイルス検診の勧奨促進など健康増進に向けた施策や、スタンドパイプを活用した地域防災を後押し。新生児聴覚検査の費用助成も実現した。地域の暮らしの「おく」の「おく」まで市政を届け、住み続けたい街づくりに意欲を燃やす。 【略歴】党総支部少子高齢化対策委員長。市議3期。創価大学卒。63歳。

松葉 ひろみ
(まつば ひろみ/51歳)

松葉 ひろみ

5人の子どもを育てた母親経験を存分に生かし、子育て支援の充実に尽力。産後ケア事業や、母子健康手帳アプリの導入など実現力は抜群。「防災士」の資格も取得し、女性の視点からの地域防災対策も推進する。一人の声を大切に、住民の笑顔輝く町田の実現へ、全力で挑む。 【略歴】党総支部女性活躍推進委員長。市議1期。創価女子短期大学卒。51歳。

斉藤 かつひろ
(さいとう かつひろ/51歳)

斉藤 かつひろ

モットーは「誠実第一」。大手電機メーカーに31年間務め、ロボットなど最先端技術に明るい。消防団やPTAなど地域活動にも取り組んできた。多摩都市モノレールと小田急多摩線の延伸や、高齢者などの健康づくりへ地域に合った施設の充実を図り「人にやさしい街」をめざす。 【略歴】党総支部市民運動部長。旧・国立宮城工業高等専門学校卒。51歳。

おんじょう 由久
(おんじょう よしひさ/55歳)

おんじょう 由久

大手電機メーカーで培った突破力に期待が寄せられる。小中学校の給食費無償化や産前・産後ケアなど、切れ目のない子育て支援の充実、また、コミュニティーバスの導入や東急電鉄「南町田駅」周辺の再整備事業に意欲を燃やす。「情熱と信念」で、あらゆる課題に真っ正面から取り組む「即戦力」。 【略歴】党総支部IT推進部長。東洋大学卒。55歳。

村まつ 俊孝
(むらまつ としたか/40歳)

村まつ 俊孝

町田生まれの町田育ち。学生時代、世界20カ国を回り、見聞を広げた。日本語学校で外国人留学生の支援業務に従事。飲食業、美容業の経営管理にも携わった。町田市のさらなる発展へ、文化・スポーツ施設の充実、商店街の振興に意欲を燃やす。誠実さと情熱で市政に新風を起こす。 【略歴】党総支部青年部長、同商店街振興部長。中央大学二部卒。40歳。