東京都日野(ひの)市議選(定数24)

2018年2月11日(日)告示
2018年2月18日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
馬場 けんじ (ばば けんじ) 当選 5 2 3,589 公式ホームページ
みねぎし 弘行 (みねぎし ひろゆき) 当選 4 5 2,824 公式ホームページ
くぼた 知子 (くぼた ともこ) 当選 4 9 2,148 公式ホームページ
田原 しげる (たはら しげる) 当選 8 10 2,130 公式ホームページ
おおつか 智和 (おおつか ともかず) 当選 3 21 1,815 公式ホームページ

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明5、自民3、立憲1、共産5、維新1、生活者ネット1、無所属8(前回=公明5、自民4、民主2、共産5、生活者ネット1、無所属7)。当日有権者数は15万1455人。投票率は41.64%。

プロフィール

馬場 けんじ
(ばば けんじ/52歳)

馬場 けんじ

約9000枚の議会通信を歩いて配る行動派。現場主義に徹し、積み重ねた実績は豊富。学童クラブの開所時間延長や障がい児の放課後デイサービス拡充、小中学校全教室へのエアコン設置、子育て情報サイト開設を実現した。保育の受け皿拡大など、子育て支援の充実に意欲を燃やす。 【略歴】党総支部幹事長。市議4期。都立富士森高校卒。52歳。

みねぎし 弘行
(みねぎし ひろゆき/57歳)

みねぎし 弘行

市民から相談を受けると、すぐに現場へ走る熱血漢。好評の「高齢者ちょこっと困りごとサービス」を推進し、市役所本庁舎への手話通訳者の配置、通学路への防犯カメラ設置など、市民が抱える不安や悩みに着実に対応してきた。「丘陵地ワゴンタクシー」増便や地域振興策の推進など政策実現に余念がない。 【略歴】党総支部中小企業部長。市議3期。中央大学卒。57歳。

くぼた 知子
(くぼた ともこ/62歳)

くぼた 知子

「市民の命を守る」との信念で予防医療の充実に一貫して尽力。がんの早期発見・予防に向けたコール・リコールや、マンモグラフィー車による出前検診、糖尿病性腎症の早期発見につなげる「微量アルブミン尿検査」の導入などを推進した。女性の視点を生かし「健幸長寿のまち 日野」の実現をめざす。 【略歴】市議会副議長。市議3期。成蹊大学卒。62歳。

田原 しげる
(たはら しげる/63歳)

田原 しげる

市議会議長などを歴任し、市政をリードしてきた実力派。発達障がい児に切れ目ない支援を行う福祉と教育が一体となった、総合支援施設「エール」の開設や認知症の支援拠点「多摩平の森の病院」の誘致、マンション耐震化への助成制度創設など、実現力は抜群。誰もが住みよい街づくりに全力を挙げる。 【略歴】党総支部長。市議7期。創価大学卒。63歳。

おおつか 智和
(おおつか ともかず/57歳)

おおつか 智和

気さくな人柄と誠実な振る舞いが魅力。国会議員との連携で浅川の堤防の一部かさ上げと堤防道路の車歩道分離に尽力。堤防道路沿いへの公衆トイレ設置や街路灯約1万2000基のLED化を実現した。防災・減災対策の強化や移動販売車の実施地域拡大など買い物弱者対策に情熱。 【略歴】市議会環境まちづくり委員長。市議2期。国士舘大学卒。57歳。