栃木県佐野(さの)市議選(定数24)

2017年4月2日(日)告示
2017年4月9日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
本郷 淳一 (ほんごう じゅんいち) 当選 4 2 2,176 公式ホームページ
菅原 達 (すがわら とおる) 当選 2 4 2,076 公式ホームページ
木村 久雄 (きむら ひさお) 当選 2 11 1,887 公式ホームページ
若田部 治彦 (わかたべ はるひこ) 当選 6 16 1,729 公式ホームページ

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民3、共産2、無所属15(前回=公明4、自民2、民主系無所属1、共産2、無所属17)。当日有権者数は9万9558人。投票率は51.09%。

プロフィール

本郷 淳一
(ほんごう じゅんいち/64歳)

本郷 淳一

12年間で受けた市民相談は1600件超。一件一件、粘り強く解決に導く。全国初の国際クリケット場条例の制定や、ゆるキャラ「さのまる」の普及など、街のブランド力向上の立役者。市民参加による菊沢川の美化活動を推進。デマンド交通(乗り合いタクシー)の実施を訴え、新年度の試験導入に道筋。 【略歴】党県規律委員長。市議3期。県立佐野高校卒。64歳。

菅原 達
(すがわら とおる/56歳)

菅原 達

支え合いの街をめざして日夜奮闘。認知症の人と家族が交流でき、専門家に相談もできる認知症カフェ「楽風」の開設に尽力。リハビリ効果のある「足こぎ車いす」への保険適用に道筋を付けた。 消防団員として地域防災にも活躍。担い手の育成へ、防災士の資格取得に要する費用の全額補助を実現した。 【略歴】党副支部長。市議1期。茨城大学工学部卒。56歳。

木村 久雄
(きむら ひさお/60歳)

木村 久雄

一人の声に徹して向き合う。子どものアレルギー対策へ、学校教員を対象にした研修会を提案し、実現。産後1カ月健診の半額助成や、移動式赤ちゃんの駅の導入に尽力した。山間部で吸血ヒルへの注意を喚起する看板設置を推進。デマンド交通(乗り合いタクシー)の実現に熱意を注ぐ。 【略歴】党副支部長。市議1期。千葉大学園芸学部園芸別科2年課程修了。60歳。

若田部 治彦
(わかたべ はるひこ/55歳)

若田部 治彦

庶民の目線から財政改革を断行。「こどもの国」の水遊び場の水源を地下水から水道に切り替え、鉄分除去にかかる膨大な費用を節減した。公用車への企業広告の掲載で財源を確保。全小・中学校にエアコン設置を推進し、扇風機と併用で節電効果も高めた。通学路の歩道整備や、LED街灯の導入にも尽力。 【略歴】党支部長。市議5期。私立桐生第一高校卒。55歳。