島根県松江(まつえ)市議選(定数34)

2017年4月9日(日)告示
2017年4月16日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
田中 明子 (たなか あきこ) 当選 4 7 2,865 公式ホームページ
篠原 栄 (しのはら さかえ) 当選 7 12 2,664 公式ホームページ
長谷川 修二 (はせがわ しゅうじ) 当選 2 13 2,603 公式ホームページ
太田 さとし (おおた さとし) 当選 1 15 2,533 -

定数34に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民1、共産3、無所属26(前回と同じ)。当日有権者数は16万6515人。投票率は57.65%。

プロフィール

田中 明子
(たなか あきこ/61歳)

田中 明子

歯科衛生士(元・県歯科衛生士会会長)として歯と口腔の健康づくりを推進する条例の制定に尽力してきた。肺炎球菌ワクチン助成対象者への再通知ハガキの送付や、女性専門外来の設置を推進。女性が活躍できる街づくりや、健康長寿日本一の実現に挑む。 【略歴】党県広報宣伝局長。市議3期。県歯科衛生士学院(現・県歯科技術専門学校)卒。61歳。

篠原 栄
(しのはら さかえ/64歳)

篠原 栄

「消費生活アドバイザー」の資格を持ち、これまで5000件超の市民相談に“消費者問題のプロ”として応えてきた。子ども医療費の負担減や、待機児童の解消、保育料の軽減に尽力してきたほか、市民成年後見人養成事業の導入を実現。若者の雇用創出や、災害に強い街づくりに全力投球を誓う。 【略歴】党県幹事長。市議6期。県立松江南高校卒。64歳。

長谷川 修二
(はせがわ しゅうじ/52歳)

長谷川 修二

長年、地元小・中学校のPTA会長を務め、その誠実な人柄に皆が信頼を寄せる。熊本地震の際には現地に駆け付けボランティアを行うなど行動力も抜群。市ホームページへの「認知症チェッカー」導入や、交通量の多い道路の振動解消などを実現。子育て環境の充実や活気ある街づくりに情熱を注ぐ。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。創価大学卒。52歳。

太田 さとし
(おおた さとし/57歳)

太田 さとし

技術者として宇宙ステーションに搭載している電子部品の信頼性評価などに従事。転職した会社では外国人労働者受け入れの責任者を務めた。また、地域のボランティア団体の中心者として空き缶拾いなど環境美化活動にも取り組んできた。非正規労働者の雇用改善や、教育環境の整備に全力で挑戦する。 【略歴】党副支部長。国立松江工業高等専門学校卒。57歳。