広島県廿日市(はつかいち)市議選(定数28)

2017年3月19日(日)告示
2017年3月26日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
細田 勝枝 (ほそだ かつえ) 当選 5 8 1,605 公式ホームページ
大﨑 勇一 (おおさき ゆういち) 当選 2 10 1,550 公式ホームページ
隅田 仁美 (すみだ ひとみ) 当選 1 13 1,434 -

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明3、民進1、共産1、無所属23(前回=定数30=公明3、民主1、共産1、社民1、みんな1、無所属23)。

当日有権者数は9万6709人。投票率は49.91%。

プロフィール

細田 勝枝
(ほそだ かつえ/62歳)

細田 勝枝

一人に寄り添う姿勢に信頼は厚い。病後児保育の実施や子どもの医療費助成制度の拡充のほか、肺炎球菌ワクチン接種への助成、デマンドバスの導入など“声”を次々と形に。特産のけん玉ワールドカップ、地元開催を後押ししたのも、この人。 地方創生の推進や福祉の充実を掲げ、元気で優しい街をめざす。 【略歴】党県女性局次長。市議4期。長崎県立野母崎高校卒。62歳。

大﨑 勇一
(おおさき ゆういち/51歳)

大﨑 勇一

「小さな声を街作りに生かす」が信条。高速道路修繕や子どもへの読書手帳配布など築いた実績は多彩。高齢者支援の活動に携わり地域の実情に精通する。議会報改善を手掛けたほか、宮島の乗合タクシーで高齢者などが対象の福祉券復活も。 待機児童対策など子育て支援や宮島周辺の国際観光地化に真剣。 【略歴】党県青年局長。市議1期。創価大学卒。51歳。

隅田 仁美
(すみだ ひとみ/56歳)

隅田 仁美

笑顔輝く人間外交の達人。小学校の自然環境づくりで、全国的に知られる地域団体を設立するなど常に人の輪の中に。がんと闘う妹の姿を原点に製薬会社で活躍。今は社会人として奮闘する長男の不登校に悩みながら読み聞かせ運動など教育分野にも長年、貢献した。 女性の視点を生かした健康支援や教育、地域振興へ奮い立つ。 【略歴】党副支部長。創価大学卒。56歳。