埼玉県富士見(ふじみ)市議選(富士見市)議選(定数21)

2017年3月19日(日)告示
2017年3月26日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
津波 信子 (つは のぶこ) 当選 5 5 1,619 -
深瀬 優子 (ふかせ ゆうこ) 当選 2 7 1,493 公式ホームページ
篠田 剛 (しのだ つよし) 当選 3 9 1,451 公式ホームページ
加藤 清 (かとう きよし) 当選 2 10 1,400 公式ホームページ

定数21に対する当選者の党派別内訳は公明4、共産3、無所属14(前回=公明4、共産4、ネット1、無所属12)。当日有権者数は8万9943人。投票率は37.59%。

プロフィール

津波 信子
(つは のぶこ/61歳)

津波 信子

明朗で活発。市政向上への思いは強く、小さな声を大きく実現してきた実力派。高齢者が介護支援のボランティアに励むとポイントがたまる事業の創設や、外出が困難な市民の買い物を支援する「宅配電話帳」の作成などをリード。 青少年の非行防止や、バリアフリー化などに取り組む。 【略歴】党県女性局次長。市議4期。県立浦和商業高校卒。61歳。

深瀬 優子
(ふかせ ゆうこ/50歳)

深瀬 優子

親しみやすい性格で、「気軽に相談できる」と信頼を集める。生活困窮者らの相談に応じる「生活サポートセンター☆ふじみ」の開設や、障がい者らが手助けを求めるためのヘルプカードの導入など、弱い立場の人に寄り添う政策を次々に実現。子育て支援や介護の充実に全力を注ぐ。 【略歴】党総支部組織部長。市議1期。大妻女子短期大学卒。50歳。

篠田 剛
(しのだ つよし/49歳)

篠田 剛

一人の声を大切にし、市民目線から政策を提言。軽度・中等度難聴児への補聴器購入費助成や、骨髄移植の提供者に対する補助金交付を強く推進。市内にある駅前広場への高齢者、障がい者優先駐車スペースの新設など、多彩な実績を築いた。 防災対策の強化や教育環境の整備に全力を挙げる。 【略歴】党支部長。市議2期。防災士。明星大学卒。49歳。

加藤 清
(かとう きよし/57歳)

加藤 清

誠実な人柄で、素早い行動力が持ち味。緊急車両が通行できず、地域の懸案だった「ひばり台橋1、2号」の架け替え、拡幅に尽力。イベントなどに貸し出す移動式赤ちゃんの駅や、市立図書館への書籍消毒機の導入を促進した。旧「ふじみ青年の家」跡地の活用、デマンドタクシーの導入などに意欲。 【略歴】党総支部労働部長。市議1期。都立赤羽商業高校卒。57歳。