奈良県橿原(かしはら)市議選(定数24)

2017年1月29日(日)告示
2017年2月5日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
亀甲 義明 (きっこう よしあき) 当選 2 1 2,565 公式ホームページ
森下 みや子 (もりした みやこ) 当選 5 2 2,365 公式ホームページ
大北 計輔 (おおきた かずすけ) 当選 3 5 1,842 公式ホームページ
成谷 文彦 (なりたに ふみひこ) 当選 3 8 1,689 公式ホームページ

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民6、民進2、共産3、日本維新1、無所属8(前回=公明4、自民2、民主1、共産2、無所属15)。当日有権者数は10万2179人。投票率は43.14%。

プロフィール

亀甲 義明
(きっこう よしあき/49歳)

亀甲 義明

小学生の時から新聞配達で家計を支えた苦労人。生活者目線の政策提案が光る。子育て世代の代表として通学路安全対策を強化し、放課後児童クラブを拡充。期日前投票所の増設、コンビニ納税の実現にも尽力した。 認知症の早期発見・治療の推進や、スポーツ振興を促す環境整備に情熱を注ぐ。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。県立奈良工業高校卒。49歳。

森下 みや子
(もりした みやこ/60歳)

森下 みや子

明朗快活。女性の視点で築いた、暮らしを守る実績は多彩だ。 家庭内暴力(DV)やストーカーの被害相談の窓口開設に尽力。高齢者、障がい者に対し音楽療法を推進し、病児・病後児保育の実施も果たした。 不妊・不育症の治療費助成制度の創設や、精神障がい者の支援体制の充実に挑戦する。 【略歴】党総支部長。市議4期。大阪樟蔭女子大学別科卒。60歳。

大北 計輔
(おおきた かずすけ/60歳)

大北 計輔

「誠実第一」が信条。30年近い銀行マンの経験を生かし、行財政改革をリードしてきた。 行政のムダ削減による財源確保や、期日前投票方法の改善に手腕を発揮。待機児童の解消へ認可保育所の増設も実現した。財政の見える化を進める公会計制度導入、周辺自治体連携による広域観光ルートの構築に燃える。 【略歴】党県会計監査委員。市議2期。創価大学卒。60歳。

成谷 文彦
(なりたに ふみひこ/63歳)

成谷 文彦

生粋の庶民派。「一人を大切に」との信念で、政策実現に奔走。ジェネリック(後発)医薬品の普及を後押し。避難所や学校施設の耐震化を進め、近鉄2駅のエレベーター設置を実現したのはこの人。 市内の交通渋滞解消へ幹線道路の整備に全力。河川改修など災害対策に力を注ぎ、安全・安心の街をめざす。 【略歴】党県幹事。市議2期。創価大学卒。63歳。