岡山県倉敷(くらしき)市議選(定数43)

2017年1月15日(日)告示
2017年1月22日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
井出 妙子 (いで たえこ) 当選 1 7 4,348 -
森分 敏明 (もりわけ としあき) 当選 5 9 4,218 公式ホームページ
薮田 尊典 (やぶた たかのり) 当選 2 12 3,964 公式ホームページ
梶田 省三 (かじた しょうぞう) 当選 7 14 3,855 公式ホームページ
吉田 徹 (よしだ とおる) 当選 4 15 3,743 公式ホームページ
生水 耕二 (おみず こうじ) 当選 4 16 3,696 公式ホームページ
新垣 敦子 (にいがき あつこ) 当選 2 24 3,352 公式ホームページ

定数43に対する当選者の党派別内訳は公明7、民進2、共産4、日本維新1、無所属29(前回=公明7、民主2、維新1、共産4、無所属29)。当日有権者数は39万3114人。投票率は42.73%。

プロフィール

井出 妙子
(いで たえこ/50歳)

井出 妙子

いつも笑顔で周囲を明るく元気にする人。保育士を12年間、児童厚生指導員を8年間務め、子育て・教育の現場で奮闘。児童館勤務時代には、家庭内暴力や貧困に苦しむ子どもたちに寄り添い励まし続けた。いじめや不登校問題、待機児童対策などに取り組み、「子育て世代の声を市政に」と意欲満々だ。 【略歴】党県女性局次長。山陽学園短期大学卒。50歳。

森分 敏明
(もりわけ としあき/59歳)

森分 敏明

抜群の行動力を発揮し市民目線の政策を提言。渋滞緩和に向けた水島港臨港道路の早期着工・建設を訴え抜いた。高梁川流域連携事業を推進し、美術館や博物館など域内施設で使用できる無料パスポート導入に尽力したほか、ICタグによる図書館管理システムを実現。ICTの活用や倉敷の地方創生を誓う。 【略歴】党県IT推進委員長。市議4期。金沢工業大学卒。59歳。

薮田 尊典
(やぶた たかのり/45歳)

薮田 尊典

若さと行動力で地域の課題解決に全力。JR中庄駅のエレベーター設置やWi―Fi環境の整備(JR倉敷駅から美観地区など)、用水路の転落防止対策を促進。肺炎球菌ワクチンの接種率向上や不妊治療への支援に尽力した。若者の声が届く市政と高齢者の生きがい対策に力を注ぐ。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。岡山科学技術専門学校卒。45歳。

梶田 省三
(かじた しょうぞう/60歳)

梶田 省三

6期24年、市民の声を届ける「市政宅配便」として現場を奔走。洪水・土砂災害ハザードマップの改訂や防災士育成講座の促進、高潮・浸水対策など安全・安心のまちづくりを推進。子ども医療費助成の拡充や公共施設へのAED設置など豊富な実績を築く。公共交通の充実や命を守る政策の実現に全力。 【略歴】党県副幹事長。市議6期。創価大学卒。60歳。

吉田 徹
(よしだ とおる/57歳)

吉田 徹

県庁職員時代の経験を生かし、山積する行政課題に対応。地域医療の中核を担う市立児島市民病院の建て替え推進を主導。児島市民交流センターや児島武道館の整備促進にも汗を流した。保育料の軽減・無償化を推進し、子育て世代をバックアップ。元気と笑顔あふれる倉敷をめざし、4期目に挑戦する。 【略歴】党県幹事。市議3期。創価大学卒。57歳。

生水 耕二
(おみず こうじ/56歳)

生水 耕二

一人の声を形にする「情熱!スピード!実行力!」の人。小中学校に扇風機を、幼稚園・小学校にミストシャワーを設置するなど教育環境の向上に注力。公共施設の長寿命化を図るファシリティマネジメントを推進し、行財政改革を加速させた。水素社会の実現や外国人観光客の誘致などに全力で取り組む。 【略歴】党県幹事。市議3期。関西高校卒。56歳。

新垣 敦子
(にいがき あつこ/56歳)

新垣 敦子

父親をがんで亡くした経験から、がん対策を推進。市内中学・高校で「がん教育」授業(県モデル事業)を実現した。認知症対策として「初期集中支援チーム」の早期設置に取り組んだほか、自主防災組織の設置促進や読書通帳の導入に尽力。命と健康を守る施策のさらなる充実をめざす。 【略歴】党県女性局次長。市議1期。福岡県立八幡中央高校卒。56歳。