沖縄県宮古島(みやこじま)市議選(定数24)

2017年10月15日(日)告示
2017年10月22日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
狩俣 セイサク (かりまた せいさく) 当選 1 5 1,222 -
タカヨシ 幸光 (たかよし ゆきみつ) 当選 3 20 873 公式ホームページ

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明2、自民1、共産1、自由1、無所属19(前回=定数26=公明2、自民1、共産1、無所属22)。当日有権者数は4万3268人。投票率は71.74%。

プロフィール

狩俣 セイサク
(かりまた せいさく/45歳)

狩俣 セイサク

地元自治会長や小学校PTA会長を歴任。宮古島吹奏楽団団長、県吹奏楽連盟理事の経験も持つ実力派。「子どもたちに豊かな未来を」と決意し、文化・教育・スポーツの環境整備に意欲を燃やす。各種専門学校や大学の誘致推進などに取り組み、宮古島から世界で活躍できる人材の育成に全力を挙げる。 【略歴】党県青年局次長。尚美学園短期大学卒。45歳。

タカヨシ 幸光
(たかよし ゆきみつ/46歳)

タカヨシ 幸光

若さと行動力が持ち味で、数多くの実績を築く。全小中学校における給食費助成を議会で訴えてきたほか、認可外保育園の認可化も推進。市街地の無料無線LANの整備や、与那覇湾のラムサール条約登録も実現した。農漁業振興による所得向上や、こども医療費無料化の拡充などに取り組むと決意に燃える。 【略歴】党県青年局次長。市議2期。県立宮古高校卒。46歳。