山形県鶴岡(つるおか)市議選(定数32)

2017年10月8日(日)告示
2017年10月15日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
くろい 浩之 (くろい ひろゆき) 当選 1 8 2,519 -
あきば 雄 (あきば ゆう) 当選 5 12 2,247 公式ホームページ
富樫 まさき (とがし まさき) 当選 6 15 2,179 公式ホームページ

定数32に対する当選者の党派別内訳は公明3、共産5、無所属24(前回=公明2、民主1、共産4、無所属25)。当日有権者数は10万9057人。投票率は68.34%。

プロフィール

くろい 浩之
(くろい ひろゆき/52歳)

くろい 浩之

高校1年生の時、父親を交通事故で失い、奨学金で大学に通った苦労人。「故郷への恩返し」を誓い、藤島町役場(現鶴岡市役所)へ就職。地元畜産物を使う「焼き肉まつり」の企画、防災研修会を担当するなど住民目線で働いてきた。29年間の行政経験から、農林水産物のブランド化や観光振興へ周囲からの期待は高まるばかり。 【略歴】党副支部長。専修大学卒。52歳。

あきば 雄
(あきば ゆう/66歳)

あきば 雄

クラゲの展示数世界一の市立加茂水族館の改築資金として住民参加型公募債を提案したアイデアマン。介護保険見直しでは国会議員と連携し、福祉用具貸与の自己負担化の見送りに貢献した。郷土の豊かな食文化を世界に発信、新産業を育む学術産業都市構想の推進で魅力あふれる鶴岡をめざす。 【略歴】党県幹事長。市議4期。明治大学卒。66歳。

富樫 まさき
(とがし まさき/58歳)

富樫 まさき

“一人の声”から市政を進めてきた。スクールソーシャルワーカーの配置や学校耐震化を推進。空き家条例の制定や市内全域の街灯LED化に尽力してきた。伝統の絹産業振興へ「鶴岡シルク」のブランド化にも情熱。“大学発”のベンチャー企業育成、誰もが生きがいを感じられる「幸齢社会」実現に挑む。 【略歴】党支部長。市議5期。東京理科大学卒。58歳。