埼玉県三郷(みさと)市議選(定数24)

2017年7月16日(日)告示
2017年7月23日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
中野 てるお (なかの てるお) 当選 6 7 1,968 -
佐藤 むつろう (さとう むつろう) 当選 3 8 1,946 -
なるみ 和美 (なるみ かずみ) 当選 2 9 1,906 公式ホームページ
鈴木 しんたろう (すずき しんたろう) 当選 4 11 1,843 -
さかまき 宗一 (さかまき しゅういち) 当選 6 12 1,769 -

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明5、共産4、日本維新1、無所属14(前回=公明5、民主1、共産4、みんな1、無所属13)。当日有権者数は11万3833人。投票率は38.4%。

プロフィール

中野 てるお
(なかの てるお/62歳)

中野 てるお

市民相談に全魂を注ぎ、築いた地域実績はナンバーワン。 市内の全小・中学校の普通教室にエアコン設置を推進。県道草加流山線の渋滞解消へ、江戸川に新たな橋の建設を訴え、実現へ道筋を付けた。避難所の災害備蓄品などの充実による地域防災や、市北部での複合型福祉施設の建設に熱意。 【略歴】党支部長。市監査委員。市議5期。法政大学卒。62歳。

佐藤 むつろう
(さとう むつろう/61歳)

佐藤 むつろう

現場第一主義に徹する、誠実と努力の人。 ピロリ菌検診や前立腺がん検診の拡充、人間ドック受診費用への助成を実現。郷土愛を育む政策として、市独自の婚姻・出生届の作成や、庁舎内への記念撮影スポットの設置に尽力。市政情報のメール配信も推進した。二郷半用水路周辺の環境整備をめざす。 【略歴】党総支部庶務部長。市議2期。創価大学卒。61歳。

なるみ 和美
(なるみ かずみ/50歳)

なるみ 和美

心に寄り添う政治をモットーに、1期4年を全力で走り抜いた。 育児中の市民の声を受け止め、予防接種の予定をスマホなどで確認できる子どもの健康情報サービスの導入や、市職員による「子育て出前講座」の開催を実現。特殊詐欺被害から高齢者を守る通話録音機器の無償貸与も推進した。 【略歴】党支部女性委員。市議1期。創価大学卒。50歳。

鈴木 しんたろう
(すずき しんたろう/62歳)

鈴木 しんたろう

一人の声を大切に、多彩な実績を築く。 三郷駅前の環境整備へ、公衆トイレの新設や、改札口とバス停留所を雨にぬれずに行き来できるシェルターの整備を実現。市と流山市(千葉県)を結ぶ「三郷流山線」の早期建設を後押し。コンビニへのAED設置を県内で初めて実現し、さらなる配備拡充をめざす。 【略歴】市議会副議長。市議3期。東京測量専門学校卒。62歳。

さかまき 宗一
(さかまき しゅういち/64歳)

さかまき 宗一

豊富な経験と抜群の政策手腕で議会をリードする。 事故などの緊急時に通報者が正確な現在地を伝えられるよう、市内全域でカーブミラーに住所表示を実現。災害時の物資輸送路の確保へ、江戸川の河川敷に緊急用船着場の建設を推進した。 不登校対策や、保育環境の整備による待機児童の解消に挑む。 【略歴】党総支部幹事長。市議5期。64歳。