福島県いわき市議選(定数37)

2016年9月4日(日)告示
2016年9月11日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
塩田 美枝子 (しおた みえこ) 当選 5 5 3,990 公式ホームページ
柴野 美佳 (しばの みか) 当選 2 7 3,850 公式ホームページ
塩沢 昭広 (しおざわ あきひろ) 当選 2 17 3,285 公式ホームページ
小野 茂 (おの しげる) 当選 4 18 3,232 公式ホームページ

定数37に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民20、民進2、共産4、社民2、無所属5(前回=公明4、自民16、民主2、共産4、社民2、無所属9)。当日有権者数は27万7046人。投票率は46.66%。

プロフィール

塩田 美枝子
(しおた みえこ/64歳)

塩田 美枝子

一人に寄り添い女性目線で市政を向上。赤ちゃんの授乳やおむつ替えができる「赤ちゃんの駅」設置を推進した。長年にわたり放課後児童クラブの増設に尽力。学校図書館の利用向上が期待される司書の配置を実現した。 地域包括ケアシステムの構築など高齢者の支援拡充に挑む。 【略歴】党支部長。市議4期。防災士。東京YWCA学院卒。64歳。

柴野 美佳
(しばの みか/51歳)

柴野 美佳

原発事故での放射線への不安を解消しようと、放射線教育の充実を推進。子育て情報の窓口を一元化した子育て支援サイトの開設にも尽力したほか、認知症の簡易チェックサイトの導入も促進した。 市民の命を守るため、地域医療のネットワーク強化をめざす。 【略歴】党県女性局次長。市議1期。防災士。新潟大学医療技術短期大学部(現医学部保健学科)卒。51歳。

塩沢 昭広
(しおざわ あきひろ/46歳)

塩沢 昭広

外国人観光客などの誘致に向け、公衆無線LANの拡充を実現。東日本大震災で変動した地盤を点検するため、路面下の空洞化調査を推進した。海岸線や河口の水門を自動、遠隔操作で閉門できるよう尽力。 障がい者支援の強化など福祉の改善に意欲を燃やす。 【略歴】党県青年局次長。市議1期。防災士。県立勿来工業高校卒。46歳。

小野 茂
(おの しげる/57歳)

小野 茂

東日本大震災で住宅被害を受けた被災者の一時的な住居として、雇用促進住宅の活用を国会議員との連携プレーで実現。災害公営住宅の入居要件緩和や、客引き防止条例の制定にも力を注いだ。 安全・安心、防災・減災の街づくりに情熱。雇用の創出、産業復興に全力を挙げる。 【略歴】党支部長。市議3期。防災士。東京商科学院専門学校卒。57歳。