山口県周南(しゅうなん)市議選(定数30)

2016年5月15日(日)告示
2016年5月22日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
遠藤 伸一 (えんどう しんいち) 当選 1 7 2,126 公式ホームページ
金子 優子 (かねこ ゆうこ) 当選 2 8 2,066 公式ホームページ
相本 政利 (あいもと まさとし) 当選 2 11 1,926 公式ホームページ
金井 光男 (かない みつお) 当選 5 22 1,639 公式ホームページ

定数30に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民2、共産2、社民1、無所属21(前回=公明4、共産1、社民1、無所属24)。当日有権者数は11万9117人。投票率は53.35%。

プロフィール

遠藤 伸一
(えんどう しんいち/39歳)

遠藤 伸一

「人々の暮らしに役立ちたい」と、水道管工事の仕事に20年間勤務。ひたすら「現場」で汗をかいてきた苦労人。地元のスポーツ少年団で柔道を指導していた経験を生かし、誰もが気軽に健康増進やスポーツに取り組める街づくりに意欲満々。子育てに奮闘する父親として、子育て環境の充実にも全力を注ぐ。 【略歴】党副支部長。山口県桜ケ丘高校卒。39歳。

金子 優子
(かねこ ゆうこ/52歳)

金子 優子

福祉、子育て支援策など、女性の視点を生かした実績は多彩。認知症の高齢者らを地域で見守る「もやい徘徊SOSネットワーク」の設置を推進。乳幼児医療費助成の対象拡充や授乳などができるテント「移動式赤ちゃんの駅」の貸し出しを実現するなど、女性に優しい社会をめざす。 【略歴】党県女性局次長。市議1期。梅光女学院大学短期大学部卒。52歳。

相本 政利
(あいもと まさとし/56歳)

相本 政利

介護保険の利用者が福祉用具を購入した費用や小規模な住宅改修費用の支払いを、1割負担の支払いで済む「受領委任払い制度」に改善。路面下の空洞調査実施や防災機材、自主防災組織の整備など防災対策を推進。災害に強い安心・安全の街づくりに向け全力を尽くす。 【略歴】党副支部長。市議1期。防災士。県立徳山工業高校卒。56歳。

金井 光男
(かない みつお/62歳)

金井 光男

「現場第一」を信条に、小さな声をカタチにしてきた。中四国地方初となる水素ステーションの開設や、市職員の定数適正化などによる行財政のスリム化を推進。ドクターヘリの導入など、救急医療体制の充実にも取り組んできた。若者の雇用創出や循環型社会の実現に意欲を燃やす。 【略歴】党県幹事。市議4期。市議会副議長。新潟県立十日町高校中退。62歳。